おしっこのデータを簡単に家庭で、排尿満足度を4段階評価 画像 おしっこのデータを簡単に家庭で、排尿満足度を4段階評価

制度・ビジネスチャンス

 村中医療器(大阪市中央区)は、排尿障害の患者が家で気軽に排尿データをとることができる「携帯式尿流量計(P―Flowdiary)」を産学官で共同開発した。24日から病院などに発売する。消費税抜きの価格は本体が58万円、専用タブレット(統計支援ソフト付き)が10万円、消耗品の受尿カップが250円。初年度100台の販売、売上高6000万円を見込む。

 自宅で受尿カップに排尿するだけで排尿の量や時間、尿流量などを自動的に測定できる。排尿後に前面の音声ガイド付きボタンで「良い」から「悪い」まで4段階で排尿満足度を自己評価で記録する。

 数日間測定したデータはSDカードに保存。医師が測定結果を統計支援ソフトで解析し、診察時、患者にみせながら説明できる。「医療機器クラスI」の承認を受け保険が適用される。

 「携帯式尿流量計」は2013年度の経済産業省の課題解決型医療機器等開発事業、14年度の医工連携事業化推進事業の採択を受け産学官で開発に着手。奈良県立医科大学のニーズを開発・製造担当のマイクロニクス(京都府久御山町)、受尿カップを供給する不二精機と協力し製品化した。

 前立腺肥大症など排尿障害患者は、全国で男女合わせて1300万人以上いると言われている。平尾佳彦奈良県立医科大学名誉教授は「高齢者の尿検査の負担を軽減するとともに、正確なデータを治療に役立たせたい」としている。

おしっこのデータを簡単に家庭で

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

    今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  2. 建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

    建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

  3. 高知市が新庁舎建設4件の入札を再公告、5月24日まで参加受付

    高知市が新庁舎建設4件の入札を再公告、5月24日まで参加受付

  4. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(前編)

  5. 関東整備局が総合評価方式で事前確認方式を試行

  6. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  7. 士業者向けマイナンバー用クラウドに本人確認データ保存オプション……マイナドライブ

  8. 野菜ペンが人気! 季節の旬に合わせたアイディア商品

  9. 首都圏の小・中学生、食の安全関心6割。上昇傾向続く

  10. 「朝はパン」を選んだのはどの世代?

アクセスランキングをもっと見る

page top