おしっこのデータを簡単に家庭で、排尿満足度を4段階評価 画像 おしっこのデータを簡単に家庭で、排尿満足度を4段階評価

制度・ビジネスチャンス

 村中医療器(大阪市中央区)は、排尿障害の患者が家で気軽に排尿データをとることができる「携帯式尿流量計(P―Flowdiary)」を産学官で共同開発した。24日から病院などに発売する。消費税抜きの価格は本体が58万円、専用タブレット(統計支援ソフト付き)が10万円、消耗品の受尿カップが250円。初年度100台の販売、売上高6000万円を見込む。

 自宅で受尿カップに排尿するだけで排尿の量や時間、尿流量などを自動的に測定できる。排尿後に前面の音声ガイド付きボタンで「良い」から「悪い」まで4段階で排尿満足度を自己評価で記録する。

 数日間測定したデータはSDカードに保存。医師が測定結果を統計支援ソフトで解析し、診察時、患者にみせながら説明できる。「医療機器クラスI」の承認を受け保険が適用される。

 「携帯式尿流量計」は2013年度の経済産業省の課題解決型医療機器等開発事業、14年度の医工連携事業化推進事業の採択を受け産学官で開発に着手。奈良県立医科大学のニーズを開発・製造担当のマイクロニクス(京都府久御山町)、受尿カップを供給する不二精機と協力し製品化した。

 前立腺肥大症など排尿障害患者は、全国で男女合わせて1300万人以上いると言われている。平尾佳彦奈良県立医科大学名誉教授は「高齢者の尿検査の負担を軽減するとともに、正確なデータを治療に役立たせたい」としている。

おしっこのデータを簡単に家庭で

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 上場ゼネコン大手4社/17年4~6月期決算/3社が受注高3千億円台

    上場ゼネコン大手4社/17年4~6月期決算/3社が受注高3千億円台

  2. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

    国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  3. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  4. リニア新幹線ガイドウェイ側壁製作工3件発注へ/関東、山梨、愛知

  5. 六角形段ボールで資材費減! 隙間を省くほかPRスペースも拡大

  6. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  7. 名古屋市が千種区役所を改築、17年度に調査着手

  8. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  9. 進化するデパ地下、売り場にテーマ。テーマパークのような“楽しさ”提供

  10. ~健康経営が生む新ビジネス:2~トップ営業に意外なニーズが

アクセスランキングをもっと見る

page top