ブリヂストン旧本社ビル建替着手は16年度半ば 永坂産業 画像 ブリヂストン旧本社ビル建替着手は16年度半ば 永坂産業

インバウンド・地域活性

 ブリヂストンの関連会社、永坂産業(東京都中央区、牛尾幸光代表取締役)は、東京・京橋のブリヂストン旧本社ビル「ブリヂストンビル」の解体後に新設するビルの本体工事に16年度半ば以降に着手する。新たなビルの設計は日建設計が担当。低層部を公益財団法人石橋財団が運営する「ブリヂストン美術館」、美術館より上の階はオフィスフロアとする方向で詳細な設計作業を進めている。施工者は決まっていない。
 同社は11日、ブリヂストン旧本社ビルと戸田建設本社ビル「TODA BUILDING」の二つの建て替え事業予定地を含む「京橋一丁目東地区」(東京都中央区京橋1の7~10、区域面積約1・6ヘクタール)を対象に、戸田建設と連名で都市再生特別地区の都市計画を都に提案した。手続きが順調に進めば16年2~3月に都市計画決定が告示される見通しだ。
 都市計画決定後は、ブリヂストン旧本社ビルの建て替え事業が先行する。現在、戸田建設の施工で既存ビルの解体工事が進められており、16年1月末までに工事を完了する予定。新設するビルの規模は地下2階地上23階建て延べ約4万7100平方メートルで、最高高さは150メートルを計画している。予定工期は19年度まで。20年東京五輪までに新たなビルの開業を目指す。
 一方で戸田建設は、個人施行の土地区画整理事業を通じて、現本社ビルの東隣にある全国信用組合会館の土地なども建て替え用地として確保する予定。計画によると、新本社ビルの規模は地下3階地上28階建て延べ約10万1500平方メートルで、最高高さは173メートル。工期は21~23年度を予定。設計を自社で進めている。低層部に文化施設を設け、区域全体で芸術・文化の発信に取り組む方針を示している。

永坂産業/ブリヂストン旧本社ビル建替(東京都中央区)/16年度半ばに本体着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

    川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

  4. 増加するインバウンド、貸切バスの臨時営業区域・設定を延長へ

  5. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  6. 大手が参入できない強みを生かした下諏訪の「温泉ストーブ」

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  9. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  10. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

アクセスランキングをもっと見る

page top