農業に就職・農業で独立、農水省が事業者の研修費を助成 画像 農業に就職・農業で独立、農水省が事業者の研修費を助成

インバウンド・地域活性

 農林水産省は14日、「農の雇用事業」の平成28年1月研修開始分の募集を開始した。全国農業会議所(全国新規就農相談センター)で10月30日まで受け付ける。

 同事業は、農業法人等が農業で働きたいという就農希望者を新規で雇用し、知識や技術の習得に向けて研修を行う場合の研修費の一部を助成するもの。平成28年1月から始まる研修で、最長2年間までを対象に、所定の条件をクリアしたものに対し、研修生1人当たりで年間最大120万円を助成する。

 上記の「雇用就農者育成タイプ」とは別で、今回は新たに独立して農業法人等を起業しようという「法人独立支援タイプ」の募集も開始。独立タイプの助成期間は最長4年間(3年目以降については、別途審査を行った上で実施予定)だ。

 同省ではこの事業を通じて就農者や農業法人等の数を増やし、農業の活性化を図る。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 鹿やイノシシの頭蓋骨で作った「スマホ用スピーカー」、独特の音質に注目!

    鹿やイノシシの頭蓋骨で作った「スマホ用スピーカー」、独特の音質に注目!

  2. 千葉県習志野市/大久保地区公共施設再生事業、初弾は公民館・図書館棟

    千葉県習志野市/大久保地区公共施設再生事業、初弾は公民館・図書館棟

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 朝日温海道路の新潟県内区域工事、約50%がトンネルや橋梁に!

  5. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  6. 木炭で盆栽づくり! 「炭盆(すみぼん)」が地域の新名物に

  7. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  8. 栃木建協/土のう製作機提供し全国の被災地支援/九州北部豪雨でも活躍

  9. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

  10. コシヒカリに代わる米の新品種「新之助」、新潟県が開発

アクセスランキングをもっと見る

page top