農業に就職・農業で独立、農水省が事業者の研修費を助成 画像 農業に就職・農業で独立、農水省が事業者の研修費を助成

インバウンド・地域活性

 農林水産省は14日、「農の雇用事業」の平成28年1月研修開始分の募集を開始した。全国農業会議所(全国新規就農相談センター)で10月30日まで受け付ける。

 同事業は、農業法人等が農業で働きたいという就農希望者を新規で雇用し、知識や技術の習得に向けて研修を行う場合の研修費の一部を助成するもの。平成28年1月から始まる研修で、最長2年間までを対象に、所定の条件をクリアしたものに対し、研修生1人当たりで年間最大120万円を助成する。

 上記の「雇用就農者育成タイプ」とは別で、今回は新たに独立して農業法人等を起業しようという「法人独立支援タイプ」の募集も開始。独立タイプの助成期間は最長4年間(3年目以降については、別途審査を行った上で実施予定)だ。

 同省ではこの事業を通じて就農者や農業法人等の数を増やし、農業の活性化を図る。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 地元住民の観光活性化意欲、沖縄・京都を押さえたトップは?

  6. HJHJアーカイブス:04「新宿つな八に、なんで外国人の行列が?」

  7. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  8. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  9. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

  10. 自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人

アクセスランキングをもっと見る

page top