日建連がプレキャスト工法の導入を推進 画像 日建連がプレキャスト工法の導入を推進

マネジメント

 日本建設業連合会(日建連)は、土木工事へのプレキャスト(PCa)工法導入拡大を目的としたプロジェクトチーム(PT)の初会合を10日に東京・八丁堀の本部で開き、具体的な検討を始めた。橋梁とトンネルを検討対象とし、設計基準・指針への位置付け、設計への反映方法といった環境整備方策をまとめ、年内に提案・要望として集約する。PTの座長には、河田孝志清水建設執行役員土木事業本部土木技術本部長が就いた。
 PTは「プレキャスト推進検討プロジェクトチーム」。橋梁とトンネルでそれぞれワーキンググループを設けた。橋梁は、道路の高架橋、高橋脚(橋梁下部工)、大規模更新・修繕(床版架け替えなど)、トンネルはボックスカルバート、覆工部材・道路床版、大規模更新・修繕(覆工打ち替えなど)について検討。会員企業へのアンケートで現状を整理し、導入効果、規格の標準化、施工承諾の簡略化、導入を提案できる入札契約制度などについても検討する。
 日建連は公共発注機関と5、6月に行った意見交換会で、生産性を高める取り組みの一つとしてPCa工法の導入拡大を求めた。ただ従来工法と比較すると割高になったり、現行の積算基準になじまなかったりするといった課題も指摘された。
 日建連は16年度の意見交換会でもPCaを議題にする方針。初会合後に河田座長は「各委員会がPCaの推進に取り組んできた。さらにスピードアップしたい」と抱負を語った。品質検査など受発注者双方の業務負担を軽減する効果にも期待を示した。副座長に就いた林伸行大成建設執行役員土木本部土木設計部長は「担い手の確保にもつながる」と強調した。

日建連/PCa導入推進へPT始動/橋梁・トンネル対象、15年内に提案・要望

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

    リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

  2. リコール等「企業の緊急対応」を支援するサービスが登場

    リコール等「企業の緊急対応」を支援するサービスが登場

  3. 本日の新聞から:東芝再生なるか、社外取締役7名体制を発表

    本日の新聞から:東芝再生なるか、社外取締役7名体制を発表

  4. 宮崎県、中小企業によるUIJターン人材のお試し採用を助成

  5. 公共工事の労務単価、法定福利費加算を継続で社保加入徹底促進

  6. 日本造園企業年金基金、加入対象業種を大幅拡大

  7. 東海地区に22店舗、スーパー「トミダヤ」が再生支援要請……地域経済活性化支援機構が応じる

  8. 半導体製造の業界再編進む――ルネサス、滋賀工場設備をロームに売却

  9. 竹中工務店、液状化対策工法の設計法で一般評定を取得

  10. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

アクセスランキングをもっと見る

page top