町や商工会と一体運営で店舗を拠点に、北海道・JA新すながわ 画像 町や商工会と一体運営で店舗を拠点に、北海道・JA新すながわ

インバウンド・地域活性

 北海道のJA新すながわは、奈井江町のJA生活店舗に住民の暮らしに必要なサービスを集約する。政府が国土形成計画に掲げる農村の小さな拠点となる店舗で、町や商工会と一体で運営する。店舗は老朽化したため改築中で、11月にオープンする予定。買い物だけでなく、商工会の交流イベントや会議、町の健康相談など幅広く活用する。

 同町のJA生活店舗は、隣接する市町に大型店舗が進出してきたこともあり、売り上げが年々減っていた。JAは店舗閉鎖を視野に検討したが、住民から存続を求める声が相次いだため、町や商工会と協議。3者間で2014年に協定を結び、生活店舗を多機能型交流施設に再整備することを決めた。

 新しい店舗には休憩スペースを併設する。JR奈井江駅に近く、町の中心部という好立地を生かし、商工会や町が積極的に活用。イベントなどを通じ、幅広い世代が交流できる場にする。美容室など商工会に加入する事業者の店舗も一部開設する。町は店舗のオープンを見据え、既に周辺集落と店舗を結ぶ「地域公共交通」として定期的にワゴン車を運行している。

 北良治町長は「全国の小さな拠点の先進地にしたい。JAは地域全体のために存在し、それがJA事業の発展につながる。そのことを3者が一体となって証明していく」と意義を説く。JAの川端孝史参事は「地域に住む人にメリットを提示することが今、JA運営に求められている。みんなが気軽に集まる場所にしたい」と展望する。

 店舗の改築に掛かる費用は3億5000万円。国の地方創生先行型交付金と商店街関連の交付金を活用する予定だ。(尾原浩子)

<ことば>小さな拠点

交流や福祉、買い物などの住民サービスを集約し、周辺の集落と交通網で結び付ける拠点。政府が今後10年間の国づくりの指針となる国土形成計画で、農山村地域に広げていくことを明記した。

店舗「小さな拠点」に 町、商工会と一体で運営 北海道・JA新すながわ

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  3. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  4. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  5. 東京五輪組織委が有明体操競技場を新築へ

  6. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  10. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

アクセスランキングをもっと見る

page top