仙台空港運営権売却、東急電鉄・前田建設ら7社連合に優先権 画像 仙台空港運営権売却、東急電鉄・前田建設ら7社連合に優先権

インバウンド・地域活性

 国土交通省は11日、仙台空港(宮城県名取市・岩沼市)の運営権を民間に売却する「コンセッション(公共施設等運営権)事業」で、東京急行電鉄(代表)、前田建設、東急不動産、豊田通商、東急エージェンシー、東急建設、東急コミュニティーで構成するグループを優先交渉権者に選定したと発表した。今後、同グループと事業基本協定を結んだ上で、契約を締結する。国が管理する空港に限らず、コンセッション事業の具体的な事業者が固まったのは初めて。来年6月末までに滑走路の運営を完全に引き継ぐ見通しだ。
 事業期間は最長65年。特定目的会社(SPC)が滑走路とターミナルビルなどを一体運営する。政府は、コンセッション事業を16年度までに2兆~3兆円規模まで拡大したい考え。空港については仙台空港のほか、関西国際空港・大阪国際(伊丹)空港、福岡空港などを念頭に6件を事業化する計画を立てた。コンセッションは公共機関がインフラを所有したまま運営権を民間に売却する方式で、13年の法改正で導入が可能になっていた。

国交省/仙台空港運営権売却/東急電鉄・前田建設ら7社連合に優先権

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  3. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  4. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

  5. 富裕層インバウンドの法則その2

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 【劇場型で魅せる飲食店:1】下町ワイナリーが生む“コト消費”

  8. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

アクセスランキングをもっと見る

page top