三菱ふそう、総重量40トン超の大型トラックをインドネシアに投入 画像 三菱ふそう、総重量40トン超の大型トラックをインドネシアに投入

海外進出

大型トラックのトラックヘッドを追加し製品ラインアップを拡充
三菱ふそうトラック・バス株式会社は、9月8日、大型トラックのトラクターヘッド『FZ 4928』を、インドネシア市場に投入することを明らかにした。

同社は、インドネシアにおいて、車両総重量12トンの中型トラック「FI 1217」、車両総重量25トン以上の大型トラック「FJ 2523」、「FJ 2528」を既に投入しているが、今回、連結総重量49トンの『FZ 4928』を加え、ラインアップの幅を広げた。

同社がインドネシアにおいて、連結総重量40トン以上の大型クラスを投入するのは初めて。

投入を前にGIIAS2015にてお披露目
同車種は、ドイツのダイムラー社が100%出資するインドの子会社であるダイムスラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ(DICV)のオラガダム工場で生産される。

また、この車種は、8月20日から30日に開催された展示会「Gaikindo Indonesia International Auto Show (GIIAS) 2015」にて、既に公開されている。

業界トップクラスを維持しつつシェア50パーセントを目指す
同社は、インドネシアにおいて、1970年からトップシェアを維持してきた。

現地の販売会社PT クラマ・ユダ・ティガ・ブルリアン・モーターズ(KTB)にて、修理とメンテナンスを24時間対応で行う「トラックセンター」をインドネシア各地に配備し、カスタマーサービスが充実していることで、顧客からの信頼も厚い。

同社の取締役副社長兼セールス・カスタマーサービス本部長であるミヒャエル・カンバー氏は、「今後も、現地販売会社との協力のもと、マーケットシェアを中長期的に約50%まで拡大したい。」(プレスリリースより)
とコメントしている。

(画像はプレスリリースより)

三菱ふそう 総重量40トン超えの大型トラック『FZ 4928』を投入

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 1本10万円のソースが中東で売れた!ハラール食品の開発で海外展開に活路

    1本10万円のソースが中東で売れた!ハラール食品の開発で海外展開に活路

  2. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  3. 日本の食を世界へ! パソナ農援隊がパリにプロモショップ開設

    日本の食を世界へ! パソナ農援隊がパリにプロモショップ開設

  4. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  5. 群馬県、シンガポールへ青果物輸出狙う 現地伊勢丹でテスト販売

  6. 飲食店の訪日外国人受け入れ対策の実態とは

  7. 日系自動車メーカーの海外生産、過去最多…2015年上半期

アクセスランキングをもっと見る

page top