三菱ふそう、総重量40トン超の大型トラックをインドネシアに投入 画像 三菱ふそう、総重量40トン超の大型トラックをインドネシアに投入

海外進出

大型トラックのトラックヘッドを追加し製品ラインアップを拡充
三菱ふそうトラック・バス株式会社は、9月8日、大型トラックのトラクターヘッド『FZ 4928』を、インドネシア市場に投入することを明らかにした。

同社は、インドネシアにおいて、車両総重量12トンの中型トラック「FI 1217」、車両総重量25トン以上の大型トラック「FJ 2523」、「FJ 2528」を既に投入しているが、今回、連結総重量49トンの『FZ 4928』を加え、ラインアップの幅を広げた。

同社がインドネシアにおいて、連結総重量40トン以上の大型クラスを投入するのは初めて。

投入を前にGIIAS2015にてお披露目
同車種は、ドイツのダイムラー社が100%出資するインドの子会社であるダイムスラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ(DICV)のオラガダム工場で生産される。

また、この車種は、8月20日から30日に開催された展示会「Gaikindo Indonesia International Auto Show (GIIAS) 2015」にて、既に公開されている。

業界トップクラスを維持しつつシェア50パーセントを目指す
同社は、インドネシアにおいて、1970年からトップシェアを維持してきた。

現地の販売会社PT クラマ・ユダ・ティガ・ブルリアン・モーターズ(KTB)にて、修理とメンテナンスを24時間対応で行う「トラックセンター」をインドネシア各地に配備し、カスタマーサービスが充実していることで、顧客からの信頼も厚い。

同社の取締役副社長兼セールス・カスタマーサービス本部長であるミヒャエル・カンバー氏は、「今後も、現地販売会社との協力のもと、マーケットシェアを中長期的に約50%まで拡大したい。」(プレスリリースより)
とコメントしている。

(画像はプレスリリースより)

三菱ふそう 総重量40トン超えの大型トラック『FZ 4928』を投入

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  2. スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

    スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

  3. パタヤにもある「日本のクオリティ」、変わりゆくタイ東部

    パタヤにもある「日本のクオリティ」、変わりゆくタイ東部

  4. 【越境ECを地方から:2】相手国を知る/ユーザー目線でわかりやすく

  5. シンガポールで空港ターミナルビルは竹中工務店に。18年半ばに完成予定

  6. 中小建設企業に向けた知財活用の海外展開ハンドブック

  7. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  8. イチゴの長距離船便に対応するパッケージ。鮮度保ち輸出拡大へ弾み!

  9. 新マレーシア航空、新体制の滑り出しは順調

  10. 三菱地所がジャカルタのオフィスビル開発に参画、同国への初進出

アクセスランキングをもっと見る

page top