住民参加で危険箇所発見 エイテックがICT活用 画像 住民参加で危険箇所発見 エイテックがICT活用

インバウンド・地域活性

 ACKグループのエイテックは、ICT(情報通信技術)を活用した「地域安全プロジェクト」を島根県雲南市で始動した。市職員などによる巡回点検だけでは災害の危険箇所の発見に時間を要し、費用もかかるため、スマートフォンなどを使って地域住民が知っている危険箇所情報を早期に収集し、限られた予算の中で効率的な対策・改善を図る。住民の防災意識の向上にもつなげ、「自助」「共助」「公助」による災害に強いまちづくりを実現する。今後、自治体向けに積極的な提案活動を行っていく。このプロジェクトでは、行政側(雲南市)が把握する危険箇所の情報と、スマホなどを介して住民から集めた通報情報から、同社が対策の優先順位付けなどのコンサルティング業務を実施する。システムの開発・運営などにはACKグループのオリエンタルコンサルタンツやリサーチアンドソリューションの協力を得る。
 雲南市では、職員や予算が少なく、災害の危険がある箇所を把握しにくいという課題を抱えていた。対策が遅れれば被害発生のリスクが高まることから、同社が提案した地域住民が危険箇所情報を簡単に通報できる仕組みを導入した。同社は、住民を対象に防災上の危険箇所の判断ポイントを指導する「防災まち歩き」も行い、自主防災組織計画の策定支援と、住民によるICTの利用を促進。通報を通じた防災意識の向上を図った。将来的には今回の地域防災活動支援、対策箇所優先順位付けのコンサルティングの業務から段階的に事業領域を拡大。既存の各種技術(空間情報、点検診断、調査設計)を使った関連業務とともに、防犯対策や安心・安全なまちづくりの関連業務の受託につなげていく。

エイテック/ICT活用の地域安全事業始動/住民参加で危険箇所早期発見

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

    北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  2. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

    徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

  3. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  4. 宮古盛岡横断道「新区界トンネル」が貫通/区界道路の約8割をトンネルが占める

  5. 森トラストが沖縄県恩納村のリゾートホテル取得、敷地内で開発検討

  6. 地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第3回 成功へのシナリオ(事例編)

  7. 八重洲二丁目北地区再開発、11月下旬に複合ビル/ホテルや小学校、バスターミナル

  8. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  9. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

  10. 品川駅西口駅前広場の整備、国道15号の上空を活用

アクセスランキングをもっと見る

page top