スマホで撮ると周辺物件の参考価格がわかるアプリリリース 画像 スマホで撮ると周辺物件の参考価格がわかるアプリリリース

スマート中小企業

 中古住宅の個人間取引事業を行うhouselogシステムが、スマートフォンのカメラで物件を撮影することで、近隣の賃貸物件の家賃や売買物件情報を表示する「Snapsearch」をリリースする。9月14日からAndroid版、30日からiOS版の「Houselogシステム」に組み込まれる。

 Snapsearchは撮影時の位置データを利用して、周辺物件の賃貸・不動産情報を提供する仕組み。表示される情報は、「ファミリー向け」「シングル向け」といった情報で絞り込めるため、ユーザーの希望に合った不動産情報を手早く検索できる。なお、周辺不動産の成約参考価格は、提携不動産会社から提供された情報をもとに、平方メートル単価から予測される。

 Snapsearchで見つけた周辺不動産情報はお気に入り登録でき、スマートフォンからの問い合わせも可能。さらに、スマートフォンで鍵の開閉ができる「スマートロック」設置物件も掲載予定で、対応物件の場合は不動産業者などの同行なしで、その場で内覧できる。

 サービスエリアは都内23区の中古マンションからスタートし、徐々に提供エリアを拡大していく。houselogは今後、不動産業者を挟まず、直接ユーザーに訴求できる仕組みとして不動産の個人オーナーなどにアプローチしていくという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

スマート中小企業 アクセスランキング

  1. HANJO HANJO、新サービス「Staple Pulse」を開始

    HANJO HANJO、新サービス「Staple Pulse」を開始

  2. 【HJ HJ EYE:5】シェアリングエコノミーはビジネスをどう変えるのか?

    【HJ HJ EYE:5】シェアリングエコノミーはビジネスをどう変えるのか?

  3. 「日の丸パソコン」構想はなぜ頓挫したのか。破談の先にあるもの

    「日の丸パソコン」構想はなぜ頓挫したのか。破談の先にあるもの

  4. 「東工大の黒い壁」が進化、契約電力が減ったのは太陽光を主力電源にした成果

  5. 【VRと中小企業:5】VRが即戦力になる中小企業の現場とは

  6. タブレットで重機を自動運転させるシステム――建設業の技術人材不足補う狙い

  7. 三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

  8. ロボットトラクターで世界初の4台協調作業

  9. 【3Dプリンターと製造業:1】経費削減から自社ブランドの可能性まで

アクセスランキングをもっと見る

page top