海洋研究開発機構とインドネシアBMKG、海洋科学技術で協力 画像 海洋研究開発機構とインドネシアBMKG、海洋科学技術で協力

海外進出

両国の海洋気象観測などの円滑化を図る
文部科学省所轄の国立研究開発法人、海洋研究開発機構(以下JAMSTEC)は7日、8月27日に、インドネシア気象・気候・地球物理庁(以下BMKG)との間で、海洋科学技術分野における協力に関する覚書を締結したと発表した。

同覚書は、インドネシアにおける海洋気象や気象観測、および地震観測など、JAMSTECとBMKGの両者が共同観測において円滑化を図るために、長期にわたる協力関係を築くことを目的としている。

インドネシア周辺の海域「海大陸」の調査・研究を実施
JAMSTECは、海洋研究開発や地球物理学研究のために設立された組織で、海洋、大陸棚、深海などの観察研究を行う。

JAMSTECとBMKGの両者は、互いに「海大陸」とよばれるインドネシアの海域に対して共通の関心を有しており、海大陸域においては、両者が海洋気象および気候学の研究や、地球物理学的観測研究を実施している。

覚書の締結によって、それらの分野におけるデータや情報の交換、会議やセミナーなどの共同開催、人材交流などにおいて協力関係を強化することが可能となる。そのほかにも、両者による海洋科学技術分野の研究の活性化と、両国の友好関係の発展が期待されている。

(画像はプレスリリースより)

JAMSTECとBMKG 海洋科学技術分野の協力で覚書締結

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  2. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  3. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  4. 国交省のベトナム・ミャンマー訪問団派遣、中小の進出を後押し!

  5. 昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高!

  6. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  7. JICAが途上国で有望な技術等を公開、中小企業のODA活用を促進

  8. 日本発の果物、野菜ーー海外での品種登録の支援へ!

  9. 米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

  10. 日本海外コンサルら、JICAから受注。ブータンに専門家を派遣

アクセスランキングをもっと見る

page top