海洋研究開発機構とインドネシアBMKG、海洋科学技術で協力 画像 海洋研究開発機構とインドネシアBMKG、海洋科学技術で協力

海外進出

両国の海洋気象観測などの円滑化を図る
文部科学省所轄の国立研究開発法人、海洋研究開発機構(以下JAMSTEC)は7日、8月27日に、インドネシア気象・気候・地球物理庁(以下BMKG)との間で、海洋科学技術分野における協力に関する覚書を締結したと発表した。

同覚書は、インドネシアにおける海洋気象や気象観測、および地震観測など、JAMSTECとBMKGの両者が共同観測において円滑化を図るために、長期にわたる協力関係を築くことを目的としている。

インドネシア周辺の海域「海大陸」の調査・研究を実施
JAMSTECは、海洋研究開発や地球物理学研究のために設立された組織で、海洋、大陸棚、深海などの観察研究を行う。

JAMSTECとBMKGの両者は、互いに「海大陸」とよばれるインドネシアの海域に対して共通の関心を有しており、海大陸域においては、両者が海洋気象および気候学の研究や、地球物理学的観測研究を実施している。

覚書の締結によって、それらの分野におけるデータや情報の交換、会議やセミナーなどの共同開催、人材交流などにおいて協力関係を強化することが可能となる。そのほかにも、両者による海洋科学技術分野の研究の活性化と、両国の友好関係の発展が期待されている。

(画像はプレスリリースより)

JAMSTECとBMKG 海洋科学技術分野の協力で覚書締結

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. フジオフードシステム、ベトナムで「串家物語」などFC展開 

    フジオフードシステム、ベトナムで「串家物語」などFC展開 

  2. ミャンマーから日本への輸送日数1週間短縮 南海通運

    ミャンマーから日本への輸送日数1週間短縮 南海通運

  3. 世界に向けた和食や鮨の認定制度、食のアイデンティティーは守られるのか?

    世界に向けた和食や鮨の認定制度、食のアイデンティティーは守られるのか?

  4. 日本商工会議所、ミャンマーでのビジネス協議会合同会議への参加者を募集

  5. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  6. IHIインフラシステム、インドで道路橋建設工事受注/10キロ、200億円規模

アクセスランキングをもっと見る

page top