江東区の超小型モビリティ運用調査……日産とミライト 画像 江東区の超小型モビリティ運用調査……日産とミライト

インバウンド・地域活性

電気工事大手のミライトは、江東区、日産自動車が主体となって行う、「平成27年度超小型モビリティ実運用調査」へ参画し、超小型モビリティ利活用方法等の検討を開始する。

本調査は、環境に配慮したまちづくりの実現を目指す「江東区豊洲グリーン・エコアイランド構想」に基づいて実施するもの。エコモビリティ利活用環境整備に向けての啓発・周知や、今後のまちづくりを見据えた、超小型モビリティの利活用方法等の検討・施策立案のための知見やデータの蓄積を目的としている。

ミライトでは、東京23区内事業所間移動等の2名以下の近距離移動に超小型モビリティ「日産ニューモビリティコンセプト」を活用。CO2削減による低炭素社会の実現に取り組むとともに、車両貸出システム・GPSによる運行データ・アンケート結果の分析により、カーシェアリング等、今後の事業検討の為のデータ蓄積を行う。

ミライトグループでは、今後も全国各地でのEV充電器の設置工事事業を強力に進めるとともに、超小型モビリティの利活用により、省エネルギー社会の実現に貢献していく。

電気工事大手ミライト、日産と江東区の超小型モビリティ実運用調査に参画

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

    エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

  2. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  3. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  6. 造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

アクセスランキングをもっと見る

page top