江東区の超小型モビリティ運用調査……日産とミライト 画像 江東区の超小型モビリティ運用調査……日産とミライト

インバウンド・地域活性

電気工事大手のミライトは、江東区、日産自動車が主体となって行う、「平成27年度超小型モビリティ実運用調査」へ参画し、超小型モビリティ利活用方法等の検討を開始する。

本調査は、環境に配慮したまちづくりの実現を目指す「江東区豊洲グリーン・エコアイランド構想」に基づいて実施するもの。エコモビリティ利活用環境整備に向けての啓発・周知や、今後のまちづくりを見据えた、超小型モビリティの利活用方法等の検討・施策立案のための知見やデータの蓄積を目的としている。

ミライトでは、東京23区内事業所間移動等の2名以下の近距離移動に超小型モビリティ「日産ニューモビリティコンセプト」を活用。CO2削減による低炭素社会の実現に取り組むとともに、車両貸出システム・GPSによる運行データ・アンケート結果の分析により、カーシェアリング等、今後の事業検討の為のデータ蓄積を行う。

ミライトグループでは、今後も全国各地でのEV充電器の設置工事事業を強力に進めるとともに、超小型モビリティの利活用により、省エネルギー社会の実現に貢献していく。

電気工事大手ミライト、日産と江東区の超小型モビリティ実運用調査に参画

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  3. 東京都・豊海地区再開発。189メートルのタワーマンション2棟建設

    東京都・豊海地区再開発。189メートルのタワーマンション2棟建設

  4. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  7. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  9. 【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  10. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

アクセスランキングをもっと見る

page top