ドローン向けチップセット、飛行制御・無線・4Kカメラなど 画像 ドローン向けチップセット、飛行制御・無線・4Kカメラなど

IT業務効率

 米クアルコムは現地時間10日、ドローンの開発に特化したプラットフォーム「Qualcomm Snapdragon Flight」を発表した。一般消費者および業務用ドローン開発企業向けに提供を行う。

 「Snapdragon Flight」は、Qualcomm Snapdragon 801プロセッサーを搭載した58×40mmのボードだ。Qualcomm Hexagon DSPにより、リアルタイムのフライトコントロールが可能となっている。Qualcomm 2x2 Wi-Fi、Bluetooth 4.0、汎地球航法衛星システム(GNSS)、4Kビデオ、4KステレオVGA、センサーなどを搭載しており、これらの機能を利用したドローンが開発可能だ。

 ドローン開発企業のYuneec社などのOEMにより利用可能。2016年上半期には、Snapdragon Flight搭載ドローンも発売される予定だ。

クアルコム、ドローン開発に特化した「Snapdragon Flight」発表……4K撮影にも対応

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  3. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  4. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  5. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  6. 2019年には新車の80%が乗用車テレマティクス機器を搭載――矢野経済研究所

  7. トンネル工事用の切羽前方探査システム、3次元モニタリングで安全確保

  8. 【3Dプリンターと製造業:1】経費削減から自社ブランドの可能性まで

  9. 成田空港で次世代無線LAN「WiGig」による配信サービスのトライアル

  10. 【新価値創造展16】羽生市の体操着メーカー、水をはじく生地を開発…編み方に秘密

アクセスランキングをもっと見る

page top