ドローン向けチップセット、飛行制御・無線・4Kカメラなど 画像 ドローン向けチップセット、飛行制御・無線・4Kカメラなど

IT業務効率

 米クアルコムは現地時間10日、ドローンの開発に特化したプラットフォーム「Qualcomm Snapdragon Flight」を発表した。一般消費者および業務用ドローン開発企業向けに提供を行う。

 「Snapdragon Flight」は、Qualcomm Snapdragon 801プロセッサーを搭載した58×40mmのボードだ。Qualcomm Hexagon DSPにより、リアルタイムのフライトコントロールが可能となっている。Qualcomm 2x2 Wi-Fi、Bluetooth 4.0、汎地球航法衛星システム(GNSS)、4Kビデオ、4KステレオVGA、センサーなどを搭載しており、これらの機能を利用したドローンが開発可能だ。

 ドローン開発企業のYuneec社などのOEMにより利用可能。2016年上半期には、Snapdragon Flight搭載ドローンも発売される予定だ。

クアルコム、ドローン開発に特化した「Snapdragon Flight」発表……4K撮影にも対応

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

    路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

  2. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  3. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

    ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  4. VRによる未来のコミュニケーションとは?

  5. ウェブサイト「アグミル」、農業用資材価格を「見える化」

アクセスランキングをもっと見る

page top