ドローン向けチップセット、飛行制御・無線・4Kカメラなど 画像 ドローン向けチップセット、飛行制御・無線・4Kカメラなど

IT業務効率

 米クアルコムは現地時間10日、ドローンの開発に特化したプラットフォーム「Qualcomm Snapdragon Flight」を発表した。一般消費者および業務用ドローン開発企業向けに提供を行う。

 「Snapdragon Flight」は、Qualcomm Snapdragon 801プロセッサーを搭載した58×40mmのボードだ。Qualcomm Hexagon DSPにより、リアルタイムのフライトコントロールが可能となっている。Qualcomm 2x2 Wi-Fi、Bluetooth 4.0、汎地球航法衛星システム(GNSS)、4Kビデオ、4KステレオVGA、センサーなどを搭載しており、これらの機能を利用したドローンが開発可能だ。

 ドローン開発企業のYuneec社などのOEMにより利用可能。2016年上半期には、Snapdragon Flight搭載ドローンも発売される予定だ。

クアルコム、ドローン開発に特化した「Snapdragon Flight」発表……4K撮影にも対応

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  2. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

    【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  3. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  5. 【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

  6. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  7. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  8. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  9. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

  10. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

アクセスランキングをもっと見る

page top