日本通運、タイ-ミャンマー間の陸路輸送を3日間に短縮 画像 日本通運、タイ-ミャンマー間の陸路輸送を3日間に短縮

海外進出

カレン州山岳区間の輸送ネック解消へ
日本通運は9日、同社の現地法人、タイ日本通運とミャンマー日本通運が、タイ・ミャンマー間陸路輸送サービスの使用ルートを変更し、さらに安定したリードタイムを提供するサービスを8月に開始したと発表した。なお、新サービスの初便は8月4日に運行された。

かつては、タイ・ミャンマー間は3週間かけて海上輸送を行っていたが、陸路の輸送が開始された時には、同区間は4日間での輸送が可能となり、輸送時間は2週間以上も短縮された。

しかし、ミャンマー南部、カレン州のミャワディーからコーカレイの山岳区間は、日替わりの片側通行となっていたため、輸送のネックとなっていた。

バイパス利用で、タイ・ミャンマー間は1日短縮
しかし、今年6月、ミャワディーからコーカレイの山岳区間に、新たにバイパスが開通したことから毎日の相互通行が可能となった。それにより、バンコク・ミャンマー間の輸送時間が4日間から3日間に短縮された。

また、バイパスを利用することで、走行中のダメージが減少し、輸送品質が改善されることがメリットとなる。また、輸送コストは、海上輸送と同程度に改善される。

日本通運は、タイ・ミャンマー間の輸送において、今後は混載輸送の実施を検討する。同社は、ASEAN地域において陸路ネットワークを拡充し、様々な輸送ニーズに対応していく考えだ。

(画像はプレスリリースより)

日本通運 タイ・ミャンマー間の陸路輸送を3日間に短縮へ

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  3. スズキ、アセアン地域向けに二輪車の新型モデルを発表

    スズキ、アセアン地域向けに二輪車の新型モデルを発表

  4. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  5. バンドー化学、ベトナムに新工場

  6. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  7. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  8. 【Sakeの海外戦略:6】アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  9. 1本10万円のソースが中東で売れた!ハラール食品の開発で海外展開に活路

  10. ラオスの空港ターミナル拡張が起工、円借款で施工は安藤ハザマ

アクセスランキングをもっと見る

page top