インドネシアがOPECの正式メンバーに復帰 東南アジア唯一 画像 インドネシアがOPECの正式メンバーに復帰 東南アジア唯一

海外進出

東南アジアで唯一のOPEC加盟国に
インドネシアのスディルマン・サイド エネルギー鉱物資源相は8日、12月よりOPEC(石油輸出国機構)の正式なメンバーに復帰すると発表した。

同相は、
OPECの全ての加盟国は、我が国がOPECの完全な加盟国として復帰することを歓迎しており、OPECの事務局長より復帰について正式な認証を受けることができた。(THE ECONOMIC TIMESより)


と述べた。

これにより、インドネシアは13番目のOPEC加盟国となり、東南アジアで唯一の加盟国となる。

原油の純輸入国となったため、一時的にOPECを脱退
インドネシアは、1962年にOPECに加盟したが、21世紀に入ると同国では原油の産出量減少と原油の需要増により、原油の純輸入国となった。そのため、同国は2009年1月にOPECを一時脱退した。

現在、同国では、原油の産出量は1日約80万バレルであるが、原油の消費量は1日約150万バレルとなっている。

なお、6月にオーストリアの首都ウイーンで開催されたOPEC総会には、スディルマン・サイド エネルギー鉱物資源相はオブザーバー資格で参加した。

次回のOPEC総会は、12月4日にウイーンで開催される。

インドネシア OPECの正式なメンバーに復帰へ

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. フジタら3社、ミャンマーで大規模複合開発/オフィスと商業施設のほかホテルも

    フジタら3社、ミャンマーで大規模複合開発/オフィスと商業施設のほかホテルも

  2. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  3. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  4. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  5. JICA、ミャンマー政府とマンダレー市上水道整備向けに無償資金協力契約

  6. セブンイレブンのベトナム1号店、24時間営業、オリジナルメニューも

  7. ジェコス、仮設橋梁をラオスの現場に納入/次はハイチにも

  8. ミャンマーで自動車整備人材が必要な理由。

  9. 長野のトピーファスナー工業、南北アメリカの自動車需要拡大見込みメキシコに新工場

  10. 和食の魅力を世界に……アジア最大級の食品見本市、香港でスタート

アクセスランキングをもっと見る

page top