インドネシアがOPECの正式メンバーに復帰 東南アジア唯一 画像 インドネシアがOPECの正式メンバーに復帰 東南アジア唯一

海外進出

東南アジアで唯一のOPEC加盟国に
インドネシアのスディルマン・サイド エネルギー鉱物資源相は8日、12月よりOPEC(石油輸出国機構)の正式なメンバーに復帰すると発表した。

同相は、
OPECの全ての加盟国は、我が国がOPECの完全な加盟国として復帰することを歓迎しており、OPECの事務局長より復帰について正式な認証を受けることができた。(THE ECONOMIC TIMESより)


と述べた。

これにより、インドネシアは13番目のOPEC加盟国となり、東南アジアで唯一の加盟国となる。

原油の純輸入国となったため、一時的にOPECを脱退
インドネシアは、1962年にOPECに加盟したが、21世紀に入ると同国では原油の産出量減少と原油の需要増により、原油の純輸入国となった。そのため、同国は2009年1月にOPECを一時脱退した。

現在、同国では、原油の産出量は1日約80万バレルであるが、原油の消費量は1日約150万バレルとなっている。

なお、6月にオーストリアの首都ウイーンで開催されたOPEC総会には、スディルマン・サイド エネルギー鉱物資源相はオブザーバー資格で参加した。

次回のOPEC総会は、12月4日にウイーンで開催される。

インドネシア OPECの正式なメンバーに復帰へ

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  2. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  3. 建物設備メンテの日本空調サービス ミャンマーに新会社設立へ

    建物設備メンテの日本空調サービス ミャンマーに新会社設立へ

  4. 「しゃぶしゃぶ温野菜」がハノイにベトナム1号店

  5. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  6. ラーメンの「一風堂」がミャンマー最大の商業都市に1号店をオープン

  7. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  8. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  9. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  10. 米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

アクセスランキングをもっと見る

page top