インドネシアがOPECの正式メンバーに復帰 東南アジア唯一 画像 インドネシアがOPECの正式メンバーに復帰 東南アジア唯一

海外進出

東南アジアで唯一のOPEC加盟国に
インドネシアのスディルマン・サイド エネルギー鉱物資源相は8日、12月よりOPEC(石油輸出国機構)の正式なメンバーに復帰すると発表した。

同相は、
OPECの全ての加盟国は、我が国がOPECの完全な加盟国として復帰することを歓迎しており、OPECの事務局長より復帰について正式な認証を受けることができた。(THE ECONOMIC TIMESより)


と述べた。

これにより、インドネシアは13番目のOPEC加盟国となり、東南アジアで唯一の加盟国となる。

原油の純輸入国となったため、一時的にOPECを脱退
インドネシアは、1962年にOPECに加盟したが、21世紀に入ると同国では原油の産出量減少と原油の需要増により、原油の純輸入国となった。そのため、同国は2009年1月にOPECを一時脱退した。

現在、同国では、原油の産出量は1日約80万バレルであるが、原油の消費量は1日約150万バレルとなっている。

なお、6月にオーストリアの首都ウイーンで開催されたOPEC総会には、スディルマン・サイド エネルギー鉱物資源相はオブザーバー資格で参加した。

次回のOPEC総会は、12月4日にウイーンで開催される。

インドネシア OPECの正式なメンバーに復帰へ

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

    NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  3. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

    【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  4. スズキ、アセアン地域向けに二輪車の新型モデルを発表

  5. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  6. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  7. バンドー化学、ベトナムに新工場

  8. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  9. IIS、インド貨物鉄道17橋の建設210億円で受注……ベトナムなど海外橋梁建設に実績

  10. 【Sakeの海外戦略:4】世界100カ国で「梵」が成功した理由

アクセスランキングをもっと見る

page top