【回転窓】個人の力を磨く入札契約制度 画像 【回転窓】個人の力を磨く入札契約制度

インバウンド・地域活性

 2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の整備問題。当初の計画が白紙撤回された末に、新たな整備計画が固まり、公募型プロポーザル方式で設計・施工を一括で担う事業者の選定手続きが始まった▼設計には一つとして同じものがなく、規格品を買う物品購入とは違い、金額の多寡だけでその良しあしを判断するのは難しい。選定には金額を競う入札は不向きとされ、企業の創造性や技術力から最適者を選ぶプロポーザル方式が普及しつつある▼ただ、技術力を重視しながら価格も織り込んで落札者を決める総合評価方式という選定方法もある。地方自治体などの中には、やはり価格を重視して入札で設計者を選ぶところも依然少なくない▼対応する企業はどう見ているのか。ある建設コンサルタントの関係者は「入札は切磋琢磨せっさたくまにならない」と断言する。価格を競っても技術者個人の能力向上にはつながらないからという▼日本の優れた技術力を支えているのは、それぞれ個人の技術者の能力でもある。国際競争力の強化や技術力の継承のために、個人の力を磨く視点も入札契約制度には欠かせない。

回転窓/個人の力を磨く入札契約制度

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  5. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~UIターン、六次化、遊休農地削減……村を変えた道の駅

  6. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  7. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  8. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  9. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  10. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

アクセスランキングをもっと見る

page top