荒天による輸送トラブルで東京市場、野菜軒並み入荷減 画像 荒天による輸送トラブルで東京市場、野菜軒並み入荷減

インバウンド・地域活性

 台風18号から変わった低気圧の影響などを受け、東京市場で10日、野菜の入荷減が相次いだ。特にフェリーの欠航などで輸送が滞った北海道産を主体とするニンジンなどは、休市明けにもかかわらず、前市並みの数量に伸び悩んだ。価格は「生育そのものへの影響は少なく順調」(卸売会社)で、小幅な上げにとどまった。一方、日照不足などで出回りが少ないキュウリやナスなどの果菜類は、先高観からさらに上げた。 
 北海道から関東へ向かうフェリーは欠航。ホクレンは「ニンジンやダイコン、タマネギなどの出荷ができなかった」と話す。同日の日農平均価格の対象となる東京地区のニンジンの販売量は70トンで、休市前の57トンをやや上回る程度に伸び悩んだ。ダイコンも180トンで、休市前と比べ20トンの微増。卸売会社は「本来なら休市明けは休市前より入荷が増えるが、輸送の滞りの影響が出ている」と話す。

 価格への影響はわずかで、ニンジンが1キロ当たり165円で前市比5円安だった他、ダイコンも1円高の103円など、輸送トラブルを理由に大きく上げる品目はなかった。「輸送が回復する週明けにはまとまった量が入荷する見込みで、引き合いが強まりにくい」と卸売会社はみる。

 一方、日照不足などで高値基調だったキュウリやナスなどの果菜類は同日、一段上げた。中でもキュウリは420円と、前市比25円高。卸売会社は「台風による雨に加えて日照が不足しており、出回り増の見込みが立てにくい」と、先高観から引き合いが強まった。

 一方で果実への影響は限定的との見方が強い。卸売会社は「台風18号は風が強くなく、擦れ果や落果などの被害は少ない」と話す。降雨でスーパーの客足が落ち込むことを見込んで引き合いも強くないため「不足感はない」とみる。

野菜軒並み入荷減 輸送トラブル相次ぐ 荒天で東京市場

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (後編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (後編)

  3. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

    福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  4. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  5. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  6. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  7. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  8. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  9. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  10. 【爆買いの次に来るもの:4】人気の“神薬”、“棚買い”される陳列を!

アクセスランキングをもっと見る

page top