日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容 画像 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

マネジメント

 2015年7月1日に募集がスタートした「第1回日本サービス大賞」は、日本の優れたサービスを募り、国内外に向けて広く発信する表彰制度。いままで尺度のなかった「サービス」をさまざまな観点から審査し、サービスの重要性を啓蒙していく。

 現在、全国からの応募受付期間(締め切り:2015年9月30日)とのこと。そこで今回は、この2015年に新設された日本サービス大賞委員の委員長を務める野中郁次郎氏に、サービス業の現状や問題点、応募可能な職種などについてお話を伺った。

――「日本サービス大賞」のねらいは何でしょうか?

野中郁次郎氏(以下、野中):サービス産業は、今や日本のGDPと雇用の7割超を占め、今後ますますの拡大が見込まれている重要な産業です。しかし、欧米や製造業に比べて生産性が低いと指摘されているのが現状です。

――その原因は、なぜでしょうか?

野中:それは過度の価格競争によるサービス品質の劣化や、グローバル競争に晒されていないことなどによるサービス水準の低下、市場参入や撤退といったサービス産業における新陳代謝の不足、などにあると言われています。人口減少社会に突入した日本において、引き続き経済成長を維持する観点から、サービス産業の生産性の向上や優れたサービス価値の創造が、極めて高く期待されています。

――では、優れたサービス価値の創造を図るにはどうすればよいのでしょうか?

野中:そもそもサービスは「個人が受け取る経験」であるため、その価値を客観的に捉えにくいのです。しかも、サービス産業は業種も多岐にわたります。そのため、サービスの価値を共通の尺度で評価する共通の基準はこれまでに存在しませんでした。そこで、日本サービス大賞では、サービスを「つくりとどけるしくみ」に着目して、業種を超えてサービスの価値を評価することができるように、主催団体であるサービス産業生産性協議会(SPRING)と共に制度設計をしてきました。

――優れたーサービスが適正に評価される仕組みを作ったということでしょうか?

野中:そうです。日本サービス大賞は、優れたサービスをつくりとどけるしくみを「見える化」し、国内外に広く発信することで、サービス産業界への普及・啓発を行っていきます。それによってサービス産業のイノベーションを促し、地域の経済や社会の活性化への貢献、市場の成長や雇用の創出などに繋げることを狙っています。また、ハイレベルな表彰の形態にしているので、事業者の士気向上や事業者間の切磋琢磨が促せるのではと考えています。

――優れたサービスと生産性の関係について教えてください。

野中:まず、多くの人が「生産性」という言葉から思い浮かべるのは「効率化」や「省力化」です。しかし、生産性とはOUTPUTとINPUTの相関関係です。日本の製造業の多くは、これまで省力化によってINPUTを減らすことによって競争力を維持してきました。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

    設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

  2. 設備工事各社がクリーンルーム製品・技術充実、設備投資増を狙い

    設備工事各社がクリーンルーム製品・技術充実、設備投資増を狙い

  3. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

    飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

  4. 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

  5. 「試作品販売サイト」が登場…未来の日本のいいものを紹介

  6. 法務省が元受刑者雇用企業を入札で優遇する試行案件公告

  7. JA全農、海外で国産農畜産物の売り込み強化

  8. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  9. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  10. 東プレ、八千代工業の国内板金プレス事業を買収…ホンダ向け事業を強化

アクセスランキングをもっと見る

page top