日本飛行機、ハンガーを再建へ 大雪で倒壊 画像 日本飛行機、ハンガーを再建へ 大雪で倒壊

インバウンド・地域活性

 日本飛行機(横浜市金沢区、小島俊文社長、045・773・5100)は、2014年の大雪で損壊した神奈川県大和市の航空機整備施設(第一ハンガー)を建て直す方針を決めた。投資額は約50億円。17年3月の完成を目指す。建物の解体や格納されていた10機の撤去作業などを終え、更地の状態になっており、今後本格的な建設作業に入る。日本飛行機の航空機整備事業部の工場に、従来同様の縦約60メートル、横約170メートル規模のハンガーを建設する。川崎重工業グループとして投資する。
 同整備施設は建築基準に則した30センチメートルの積雪に耐える設計だったが、14年2月に発生した大雪の影響で、これを上回る荷重がかかり、中央部屋根が陥没した。川重は14年3月期に約21億円の損失を計上している。当時、自衛隊機6機、米軍機4機が修理を行っており、被害状況の確認に時間を要した。倒壊の恐れもあり、慎重に解体、撤去作業を進めた結果、完了したのは14年末だった。

 機体の定期修理にかかる契約は川重と防衛省の間で結ばれており、日本飛行機は下請けとして実務を行っていた。その間、川重の岐阜工場で業務を代替し、作業スケジュールの工夫により他のハンガーを活用して乗り切ってきた。

日本飛行機、大雪で倒壊した航空機整備施設を再建へ

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

    福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  4. 富裕層インバウンドの法則その6

  5. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  9. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  10. 【ITで強い商店街を作る:2】烏山方式、その継続する力とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top