日本飛行機、ハンガーを再建へ 大雪で倒壊 画像 日本飛行機、ハンガーを再建へ 大雪で倒壊

インバウンド・地域活性

 日本飛行機(横浜市金沢区、小島俊文社長、045・773・5100)は、2014年の大雪で損壊した神奈川県大和市の航空機整備施設(第一ハンガー)を建て直す方針を決めた。投資額は約50億円。17年3月の完成を目指す。建物の解体や格納されていた10機の撤去作業などを終え、更地の状態になっており、今後本格的な建設作業に入る。日本飛行機の航空機整備事業部の工場に、従来同様の縦約60メートル、横約170メートル規模のハンガーを建設する。川崎重工業グループとして投資する。
 同整備施設は建築基準に則した30センチメートルの積雪に耐える設計だったが、14年2月に発生した大雪の影響で、これを上回る荷重がかかり、中央部屋根が陥没した。川重は14年3月期に約21億円の損失を計上している。当時、自衛隊機6機、米軍機4機が修理を行っており、被害状況の確認に時間を要した。倒壊の恐れもあり、慎重に解体、撤去作業を進めた結果、完了したのは14年末だった。

 機体の定期修理にかかる契約は川重と防衛省の間で結ばれており、日本飛行機は下請けとして実務を行っていた。その間、川重の岐阜工場で業務を代替し、作業スケジュールの工夫により他のハンガーを活用して乗り切ってきた。

日本飛行機、大雪で倒壊した航空機整備施設を再建へ

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 【ご当地キャラの仕掛け人に訊く!】頭の社は出雲大社ではなかった……しまねっこ

    【ご当地キャラの仕掛け人に訊く!】頭の社は出雲大社ではなかった……しまねっこ

  3. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  4. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  7. モダン牛舎などデザイナーズファームが注目……イメージ向上に一役

  8. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

  9. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  10. 閉館した「グランベリーモール」(町田市)の再整備、新たなにぎわい拠点へ

アクセスランキングをもっと見る

page top