日本飛行機、ハンガーを再建へ 大雪で倒壊 画像 日本飛行機、ハンガーを再建へ 大雪で倒壊

インバウンド・地域活性

 日本飛行機(横浜市金沢区、小島俊文社長、045・773・5100)は、2014年の大雪で損壊した神奈川県大和市の航空機整備施設(第一ハンガー)を建て直す方針を決めた。投資額は約50億円。17年3月の完成を目指す。建物の解体や格納されていた10機の撤去作業などを終え、更地の状態になっており、今後本格的な建設作業に入る。日本飛行機の航空機整備事業部の工場に、従来同様の縦約60メートル、横約170メートル規模のハンガーを建設する。川崎重工業グループとして投資する。
 同整備施設は建築基準に則した30センチメートルの積雪に耐える設計だったが、14年2月に発生した大雪の影響で、これを上回る荷重がかかり、中央部屋根が陥没した。川重は14年3月期に約21億円の損失を計上している。当時、自衛隊機6機、米軍機4機が修理を行っており、被害状況の確認に時間を要した。倒壊の恐れもあり、慎重に解体、撤去作業を進めた結果、完了したのは14年末だった。

 機体の定期修理にかかる契約は川重と防衛省の間で結ばれており、日本飛行機は下請けとして実務を行っていた。その間、川重の岐阜工場で業務を代替し、作業スケジュールの工夫により他のハンガーを活用して乗り切ってきた。

日本飛行機、大雪で倒壊した航空機整備施設を再建へ

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  4. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  5. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

アクセスランキングをもっと見る

page top