くまモンがトマトを栽培しつつ東京へ、ビニールハウス搭載トラックの旅

インバウンド・地域活性

公開されたプロモーションムービー「トマトラ 2015」のカット
  • 公開されたプロモーションムービー「トマトラ 2015」のカット
  • 公開されたプロモーションムービー「トマトラ 2015」のカット
  • 公開されたプロモーションムービー「トマトラ 2015」のカット
  • 公開されたプロモーションムービー「トマトラ 2015」のカット
  • 公開されたプロモーションムービー「トマトラ 2015」のカット
  • 公開されたプロモーションムービー「トマトラ 2015」のカット
  • 公開されたプロモーションムービー「トマトラ 2015」のカット
  • 公開されたプロモーションムービー「トマトラ 2015」のカット
 熊本県が”くまもとの赤”ブランドのPRプロジェクト「くまもと赤の本気モン」第1弾として、トマトをビニールハウスで栽培しながら各地に届ける「トマトラ」をスタート。くまモン出演の予告編風ムービーを公開した。

 「くまもとの赤」は、熊本県の農林水産物ブランドのひとつ。トマトやスイカ、阿蘇のあか牛、鯛など、赤い名産品が数多くある熊本県の食材をPRするブランド名として名付けられた。今回のプロジェクトでは国内生産量第1位であるトマトを取り上げ、全国にPRしていく。

 「食材を新鮮な状態で食べてもらうことが一番のPR」という発想から、トマトを栽培しながら各地を回る企画を立ち上げ。トマトを栽培するビニールハウスをトラックに搭載し、栽培しながら熊本を出発し、大阪、名古屋を経由しながら東京を目指す。東京到着は「トマトの日」である10月10日を予定している。

 特設サイトなどで公開された予告ムービーでは、知事からPRの指令を受け取ったくまモンが、トマト農家とトラック業者と手を組み、企画を立ち上げていく様子が映画の予告編のような演出で描かれている。


★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  4. 公共工事激減でも建設業が元気なまち(岩手県紫波町)

  5. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

アクセスランキングをもっと見る

page top