鳥取県、県内就職学生らに奨学金返還助成 画像 鳥取県、県内就職学生らに奨学金返還助成

制度・ビジネスチャンス

 鳥取県が県内の製造業、IT企業、薬剤師の企業に就職予定の学生らに対し、返済の必要がある奨学金の一部を助成する制度を設立した。奨学金返還助成は全国初の取り組み。

 この制度は若年層の人材確保を狙った取り組みで、県と産業界が協力して出資し、「鳥取県未来人材育成基金」から助成を行う。申請できるのは高専生、短大生、大学生、大学院生及び、35歳未満の卒業生。学生は卒業の前年度から申請可能で、認可されると助成総額を8年に分けて毎月助成される。

 助成率は無利子の助成金の場合は奨学金の2分の1、有利子の場合は4分の1となる。上限金額は大学院など6年間の場合で最大216万円。鳥取県出身か否かを問わず申請可能で、8年間は離職せず県内に居住することが条件となる。

 募集期間は2016年2月29日までで、募集人数は150人。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

    国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  2. 東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

    東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

  3. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  4. 2016年の休廃業・解散企業、過去最高の2万9583件。倒産の3.5倍

  5. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  6. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  7. 【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

  8. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  9. earth music&ecologyが顧客満足1位……その理由は?

  10. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

アクセスランキングをもっと見る

page top