大地震のネパール、JAICAによる道路復旧第1弾が完成 画像 大地震のネパール、JAICAによる道路復旧第1弾が完成

海外進出

 4月に大地震に見舞われたネパールで国際協力機構(JICA)が進める震災復興支援プロジェクトで、カトマンズ~バクタプール間(約9・1キロ)の主要道路のうち、特に被害が甚大だったローカンタリ~コーサルタール間(約0・6キロ)の応急復旧工事が完了した。JICAが関わる被災インフラの復興事業で初の完成案件。8日に現地で完工検査を行い、ネパール政府に引き渡した。調査・設計・工事監理はエイト日本技術開発(代表)、日本工営、玉野総合コンサルタントで構成するJVが担当した。
 ネパールでは、4月25日に首都カトマンズの北西約77キロ(ゴルカ郡)を震源とする大地震が発生。周辺都市・地域が壊滅的な被害を受けた。カトマンズ~バクタプール間の道路では、これまでに日本政府の無償資金協力で4車線化事業(2橋新設、交差点改良含む)を実施。設計・コンサルタント業務を日本工営、施工を安藤ハザマが担当し、11年に完成している。
 今回の応急復旧工事は、震災前からJICAが進めている「カトマンズ盆地都市交通改善プロジェクト」のパイロットプロジェクトとして行っている。当初の交通改善プロジェクトでは首都圏の総合都市交通マスタープランの策定が主な業務となり、エイト日本技術開発JVが受託していた。今回工事が完了したローカンタリ~コーサルタール間では、対象区間と近辺の路面補修、ローカンタリ交差点付近とコーサルタールバス停付近の段差解消、歩道橋の撤去、損傷した擁壁の応急対応などを実施した。工事費は約8419万円。施工は現地の建設会社が行った。カトマンズ~バクタプール間では、被害原因(液状化など)の推定調査を実施中。半年~1年後をめどにまとまる調査結果を踏まえ、本格復旧に向けた整備計画を検討していく。

JICA/ネパール道路復旧の初弾完成/エイト日技JVが調査・設計

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  3. 「親日国」通用せず。JICAがテロ対策で企業の支援強化

    「親日国」通用せず。JICAがテロ対策で企業の支援強化

  4. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  5. ダイハツ、新型商用トラックをインドネシアで展開。現地ニーズを捉えて

  6. 急成長するミャンマー自動車ビジネス、日系企業はどう見る?

  7. 越境ECサイトで成功、海外に必要とされる中古車輸出とは?

  8. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  9. トランスコスモス、ジャカルタにオペレーション拠点を設立

  10. 二輪車・四輪車、タイ、インドネシアの次はベトナム!

アクセスランキングをもっと見る

page top