事業ドライバーの健康チェック定着へ……国交省検討 画像 事業ドライバーの健康チェック定着へ……国交省検討

人材

国土交通省は、トラック、バス、タクシーなどの事業用自動車で健康に起因する事故対策に向けて、主要疾病に関するスクリーニング検査の普及方法を検討する。

国土交通省では、事業用自動車の健康起因事故を抑止するため、2014年4月に「事業用自動車の運転者の健康管理マニュアル」を改訂し、主要疾病などに関するスクリーニング検査を推奨してきた。

検査をより効果的なものとして普及させるため、産官学の幅広い関係者から構成される協議会「事業用自動車健康起因事故対策協議会」を設置し、最新の検査機器・新たな検査方法などについて情報を共有するとともに、検査の普及策について検討する。

検討会の1回目を9月17日に開催する。スクリーニング検査の実施状況や、スクリーニング検査の実施機関・検査方法、最新機器に係る情報の把握、スクリーニング検査の普及方策について検討する。

健康起因の事故防止へ…国交省、事業ドライバーへのスクリーニング検査普及を検討

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 【HANJOHANJO編集部特別レポート】外国人技能実習生を「人手」から「人材」に変えるビジネスモデルの提案

    【HANJOHANJO編集部特別レポート】外国人技能実習生を「人手」から「人材」に変えるビジネスモデルの提案

  2. 事業承継と親族後継者の「学び」

    事業承継と親族後継者の「学び」

  3. ゼネコン各社が女性の新卒採用を拡大。16年春入社は140人増の17%に

    ゼネコン各社が女性の新卒採用を拡大。16年春入社は140人増の17%に

  4. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  5. 日本の整備業界を救うか…ミャンマーにみる、技能実習生制度の今

  6. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  7. ゼネコン各社、技術系社員教育を強化。体験型研修施設を整備、海外人材も育成

  8. ICT土工人材育成へ、実習を90回実施

  9. 本末転倒な日本の大学、社会への“接続”ではなく“融合”へ

  10. 日本精神科産業医協会、ストレスチェックを補助するサービス開始

アクセスランキングをもっと見る

page top