事業ドライバーの健康チェック定着へ……国交省検討 画像 事業ドライバーの健康チェック定着へ……国交省検討

人材

国土交通省は、トラック、バス、タクシーなどの事業用自動車で健康に起因する事故対策に向けて、主要疾病に関するスクリーニング検査の普及方法を検討する。

国土交通省では、事業用自動車の健康起因事故を抑止するため、2014年4月に「事業用自動車の運転者の健康管理マニュアル」を改訂し、主要疾病などに関するスクリーニング検査を推奨してきた。

検査をより効果的なものとして普及させるため、産官学の幅広い関係者から構成される協議会「事業用自動車健康起因事故対策協議会」を設置し、最新の検査機器・新たな検査方法などについて情報を共有するとともに、検査の普及策について検討する。

検討会の1回目を9月17日に開催する。スクリーニング検査の実施状況や、スクリーニング検査の実施機関・検査方法、最新機器に係る情報の把握、スクリーニング検査の普及方策について検討する。

健康起因の事故防止へ…国交省、事業ドライバーへのスクリーニング検査普及を検討

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  2. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  3. 「健康経営が企業の柱になってほしい」。横浜市が健康経営セミナー

    「健康経営が企業の柱になってほしい」。横浜市が健康経営セミナー

  4. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  5. 迫る中小経営者の大量引退時代、廃業ラッシュは食い止められるか?

  6. 丸の内に保育所付き事務所/コトフィス~こどもとはたらくオフィス~

  7. 多忙な年末にこそ考えたい。「従業員のエンゲージメント」と社歌の可能性

  8. 大成建設が工事監理事務所を開設。第三者性高め品質管理、4月から業務

  9. 日事連/設計事務所の働き方改革へ検討着手/AI、BIM普及見据え将来像

  10. ゼネコンの新卒入社の離職率が改善、入社時のミスマッチ防止が奏功

アクセスランキングをもっと見る

page top