“飲む野菜”のジュースバー カゴメが東京で提供 画像 “飲む野菜”のジュースバー カゴメが東京で提供

ライフ

 東京・表参道に10日、野菜の色や香り、つぶつぶ感まで味わえるジュースを提供するバーがオープンする。カゴメ(名古屋市)が仕掛ける11月1日までの期間限定バーで、色や香りを残すため、野菜を低温加熱する独自製法でジュースを作る。同社は9月末、このジュースを「GREENS」の商品名で発売する。
 独自製法で作る野菜ジュースは「グリーンミックス」(小松菜やセロリなど)と「イエローミックス」(ニンジン、グレープフルーツなど)の2種類。健康志向が強く、流行に敏感な20~40代の女性をメーンターゲットに置く。そこで都会の女性の認知度を高めるため、ジュースバーで先行販売する。

 バーのオープンに先立ち、都内で9日に記者会見した寺田直行社長は「消費者の求める鮮度を徹底的に追求し、『生鮮飲料』といえる新ジャンルの野菜飲料ができた」とPRした。新商品は、南関東1都3県のコンビニエンスストアで1本210ミリリットル、200円前後で販売する予定。

鮮度を追求「飲む野菜」 カゴメが東京にジュースバー

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. ハイドランジア「筑紫の風」 希少な花色と重量感  

    ハイドランジア「筑紫の風」 希少な花色と重量感  

  2. 「資産は残さず」「老後は自分で」…親も子も“自己解決”望む

    「資産は残さず」「老後は自分で」…親も子も“自己解決”望む

  3. 注目集める緑色蛍光シルク……養蚕復興に新たな可能性

    注目集める緑色蛍光シルク……養蚕復興に新たな可能性

  4. 【流通ウォッチ】「袋詰め」鶏肉がトレーなしで採用広がる、エコと販促の一手

アクセスランキングをもっと見る

page top