中国人の対日感情が改善? 日本レストラン利用が韓国を逆転 画像 中国人の対日感情が改善? 日本レストラン利用が韓国を逆転

海外進出

 中国人の対日感情が改善している。日本貿易振興機構(ジェトロ)の各種調査によると、尖閣諸島問題が日本製品の買い控えに「影響を与えている」と答えた割合は、2013年に7割だったが、今回の調査では5割に減少。「よく購入する輸入食品」では日本産が米国産を抜いて1位になった。政治関係の改善に加え、訪日中国人が増加し、日本に好感を持つ層が増えている。

 12年秋の尖閣問題が日本製品の購買行動に影響を与えるかを聞いた質問では、「やや影響している」「とても影響している」の回答が、13年8月時点の70・4%から15年7月は49・6%に低下した。

 「よく購入する輸入食品」の原産国では14年12月には米国産が50・9%、日本産が42・2%だったが、15年7月には日本産が53・5%、米国産が44・3%と逆転。「よく利用するレストラン」も、韓国料理が31・3%から33・3%だったのに比べて、日本料理が28・4%から36・4%に上昇し、韓国料理と順位が入れ替わった。

 ジェトロは対日感情が改善している背景として、訪日中国人が過去最高のペースで増えていることを指摘する。14年は前年比1・8倍の241万人に増加し、15年は1―7月で276万人と、すでに14年実績を上回った。訪日を機会に“日本ファン”となり現地の日本料理店に通う―。観光客の増加が、日中関係の改善に一役買っているようだ。

中国「対日感情」が改善?よく利用するレストランで韓国を逆転

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. ウラタなど日本のデベロッパー、プノンペンに大規模複合ビル

    ウラタなど日本のデベロッパー、プノンペンに大規模複合ビル

  3. 東日本高速会社、三菱商事ら/インド有料道路運営に本格参入/6路線延長400キロ

    東日本高速会社、三菱商事ら/インド有料道路運営に本格参入/6路線延長400キロ

  4. セブンイレブンのベトナム1号店、24時間営業、オリジナルメニューも

  5. 国交省、ベトナムで初の合同就職説明会開く/中小建設企業の海外進出支援の一環

  6. インド新幹線、難工区の事業円滑化へ/JICA、設計段階から施工性考慮

  7. バンコクのショッピングセンターに忍者博物館が登場!

  8. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  9. クールジャパン発信する見本市がトルコで初開催、出展者募集

  10. ホシザキ電機、フードサービス関連企業の事業取得でマレーシアへ

アクセスランキングをもっと見る

page top