中国人の対日感情が改善? 日本レストラン利用が韓国を逆転 画像 中国人の対日感情が改善? 日本レストラン利用が韓国を逆転

海外進出

 中国人の対日感情が改善している。日本貿易振興機構(ジェトロ)の各種調査によると、尖閣諸島問題が日本製品の買い控えに「影響を与えている」と答えた割合は、2013年に7割だったが、今回の調査では5割に減少。「よく購入する輸入食品」では日本産が米国産を抜いて1位になった。政治関係の改善に加え、訪日中国人が増加し、日本に好感を持つ層が増えている。

 12年秋の尖閣問題が日本製品の購買行動に影響を与えるかを聞いた質問では、「やや影響している」「とても影響している」の回答が、13年8月時点の70・4%から15年7月は49・6%に低下した。

 「よく購入する輸入食品」の原産国では14年12月には米国産が50・9%、日本産が42・2%だったが、15年7月には日本産が53・5%、米国産が44・3%と逆転。「よく利用するレストラン」も、韓国料理が31・3%から33・3%だったのに比べて、日本料理が28・4%から36・4%に上昇し、韓国料理と順位が入れ替わった。

 ジェトロは対日感情が改善している背景として、訪日中国人が過去最高のペースで増えていることを指摘する。14年は前年比1・8倍の241万人に増加し、15年は1―7月で276万人と、すでに14年実績を上回った。訪日を機会に“日本ファン”となり現地の日本料理店に通う―。観光客の増加が、日中関係の改善に一役買っているようだ。

中国「対日感情」が改善?よく利用するレストランで韓国を逆転

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  3. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  4. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  5. 【国産家具を世界へ!:3】中国・韓国市場は高級家具で勝負!

  6. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  7. パックご飯が欧米で人気沸騰中!

  8. 日本発、「ピコ太郎」がアジアを席捲!

  9. スズキ、アセアン地域向けに二輪車の新型モデルを発表

  10. 【時事エッセイ】バンコクで発見した、日本発インフラのクオリティ

アクセスランキングをもっと見る

page top