製造業で働きたい若者を企業で雇用して研修 滋賀県 画像 製造業で働きたい若者を企業で雇用して研修 滋賀県

人材

 滋賀県が県内の製造業企業で働きたい若年求職者を対象に、4か月間実際に企業で雇用しての研修を実施する。勤務先はオムロン パーソネルで、製造業分野の技術や知識を働きながら学べる。

 この事業は厚生労働省の補助事業として採択された「滋賀発の産業・雇用創造推進プロジェクト」の一環として行われるもの。企業と協力することで、人材育成と研修後における県内企業とのマッチングを促進する狙いだ。

 対象となるのはおおむね45歳未満の求職者で、研修後に繊維や化学金属製品などの「高度モノづくり・環境」分野、もしくは飲料やたばこ産業を含む「食料品」分野の県内企業への就職を希望する人。学歴は問われないが、研修期間中は研修に専念することが条件で、ダブルワークや学生の応募はできない。

 第1期となる今回の募集人数は50名程度で、採用されると11月2日から約4か月間オムロン パーソネルへ勤務することになる。11月からの社会人基礎研修、12月からのものづくり基礎研修を経て、その後の2か月間は実際に企業へ派遣されての実習となる。

 実習終了後は派遣先などへの定着支援や就職支援を行う。研修中の給与は時給1100円。募集期間は9月30日まで。なお、9月16日には彦根、22日には草津、28日には大津で事業についての説明会が行われる。説明会は事前申し込み制。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 事業承継と親族後継者の「学び」

    事業承継と親族後継者の「学び」

  3. 人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

    人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

  4. 日建連が長時間労働是正へ支援要請。国交相と意見交換、週休2日に理解促進を

  5. 中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか?

  6. 建設業の実労働時間、製造業より8.5時間長く。16年速報で判明

  7. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  8. 【社歌コン 応募社の横顔:5】朝礼を変えたラップ社歌-岡山のOA販売

  9. 【社歌コン 応募社の横顔:19】展示会場の集客力に!-東京のブース施工

  10. 全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

アクセスランキングをもっと見る

page top