総務省、経産省に勧告……規制逃れの太陽光発電分割申請 画像 総務省、経産省に勧告……規制逃れの太陽光発電分割申請

インバウンド・地域活性

 総務省は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で、太陽光発電設備の認定をめぐり原則禁止している分割認定申請の恐れがある案件が存在するとして、経済産業省に改善措置を講じるよう勧告した。分割認定申請は、出力50キロワット未満に分割して申請することで、電気主任技術者の選任などの規制を逃れるのが狙いとされ、確認の徹底を求めた。
 同省の調査によると、14年5~11月に認定された出力30キロワット以上50キロワット未満の太陽光発電設備3万2813設備のうち、1451設備が分割申請の疑いがあるとされた。出力50キロワット以上の場合、電気主任技術者を選任するほか、着工前までに保安規定を届け出る必要がある。こうした規制を逃れるため、同一または近接した場所に設備があるのに、分割して申請することは14年度から原則として禁止されていた。
 このほか、電力会社が太陽光発電事業者に請求する工事費負担金の内訳の提示が不十分なケースがあるとして、電力会社を指導するよう求めた。再生可能エネルギーの買い取り実績が見込みを上回り、金融機関からの借り入れが発生している点にも言及。その分だけ利息が電気使用者が負担する賦課金に上乗せされているとして、買い取り電力量をより正確に把握するよう必要な措置も求めた。

総務省/太陽光発電設備認定で経産省に勧告/分割申請に改善措置を

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 那覇市内はゆいレールに乗り換える「パーク&モノライド」構想――延伸工事が進む

    那覇市内はゆいレールに乗り換える「パーク&モノライド」構想――延伸工事が進む

  2. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  3. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  4. 羽田空港跡地第1ゾーン開発、16年2月の都計審に付議

  5. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  6. 大阪国際空港ターミナル改修が起工、施工は大林組

  7. 羽田空港跡地第2ゾーン、五輪までに宿泊施設開業へ!

  8. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

  9. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  10. 【那覇型ビジネス成功の理由:1】インバウンド交流型ホテル、集客の秘訣は?

アクセスランキングをもっと見る

page top