日信工業、オートリブと4輪向け先進ブレーキ事業で合弁 画像 日信工業、オートリブと4輪向け先進ブレーキ事業で合弁

インバウンド・地域活性

日信工業は9月9日、四輪車用ブレーキコントロール(メカトロ)、ブレーキアプライ(バネ上)システムについて、スペイン・オートリブ社と合弁事業化すると発表した。

今回の合弁事業化は、伸び悩む四輪車用ブレーキ事業を二輪同様、世界トップシェアに押し上げることが目的。日信工業が持つブレーキシステムの技術力・生産力に加え、オートリブが持つ電子制御ユニットやレーダーセンシング技術およびグローバルメーカーへの顧客基盤を活用し、メカトロおよびバネ上事業のさらなる成長を目指す。

合弁会社化に伴う対象事業の譲渡価額は、総額約332億円を予定。合弁会社の出資比率は、オートリブが51%、日信工業が49%となる。今後は、日信グループが営む四輪車用のメカトロおよびバネ上に関する部品の開発、設計、製造及び販売に関する事業を、オートリブ社との間で合弁会社化し、日本・中国・米国を中心に展開する。

日信工業、オートリブと四輪車用メカトロ事業およびバネ上事業の合弁会社化で合意

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

    福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  4. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  5. 歴史的な街並みを観光資源に。古民家再生にファンド

  6. 小田原箱根商議所が平成の城下町・宿場町構想を発表、江戸時代の景観復活へ

  7. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】究極の白醤油を世界へ――「足助仕込 三河しろたまり」日東醸造

  9. 熊本城緊急対策工事、「鉄の腕」で倒壊防止!

  10. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top