滋賀県の地場産業・モノづくりを紹介 9月19日から都内で開催 画像 滋賀県の地場産業・モノづくりを紹介 9月19日から都内で開催

インバウンド・地域活性

 滋賀県が9月19日から9月23日まで、滋賀の歴史・風土の中で培われた独自の技術や作り手のコダワリを発信するPRイベント「JIBASAN しが 2K540」を東京・御徒町で開催する。主催は滋賀県中小企業団体中央会。

 「感じる・滋賀のモノづくり」をテーマとした同PRイベント。県の地場産業新戦略支援事業である県内の地場産業のうち、3地域の地場産業組合「滋賀県扇子工業協同組合」「滋賀県麻織物工業協同組合」「彦根仏壇事業協同組合」が連携。実演やワークショップを通じて魅力を発信するという。

 会場では扇子の「扇骨づくり」の最終工程である“締め直し”や、織物の「近江上布」の機織りや手績み(てうみ)等を紹介する実演コーナーを設置。その他、「百年前の大麻の糸」を使ったコースターづくり、木製スプーンや数珠ブレスレットづくりのワークショップなどの体験コーナーが設けられる。

 今年度からプロモーションのキーワードに「QOL(クオリティ・オブ・ライフ)滋賀 ~来てよし!食してよし!住んでよし!~」を掲げている同県。観光資源のほか、文化、住環境等、生活全般の観点から広報活動を行う同県の取り組みに注目したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ジブリパーク基本デザイン公表/「となりのトトロ」など作品の世界を5エリアで表現

    ジブリパーク基本デザイン公表/「となりのトトロ」など作品の世界を5エリアで表現

  2. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

    ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  5. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  6. 「イオンモール幕張新都心」前の京葉線新駅が建設決定

  7. 月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

  8. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  9. 六本木ヒルズが開業15周年、コンパクトシティーの先駆け

  10. 阪急電鉄ら3社、宝塚ホテル移転新築、20年春開業へ

アクセスランキングをもっと見る

page top