滋賀県の地場産業・モノづくりを紹介 9月19日から都内で開催 画像 滋賀県の地場産業・モノづくりを紹介 9月19日から都内で開催

インバウンド・地域活性

 滋賀県が9月19日から9月23日まで、滋賀の歴史・風土の中で培われた独自の技術や作り手のコダワリを発信するPRイベント「JIBASAN しが 2K540」を東京・御徒町で開催する。主催は滋賀県中小企業団体中央会。

 「感じる・滋賀のモノづくり」をテーマとした同PRイベント。県の地場産業新戦略支援事業である県内の地場産業のうち、3地域の地場産業組合「滋賀県扇子工業協同組合」「滋賀県麻織物工業協同組合」「彦根仏壇事業協同組合」が連携。実演やワークショップを通じて魅力を発信するという。

 会場では扇子の「扇骨づくり」の最終工程である“締め直し”や、織物の「近江上布」の機織りや手績み(てうみ)等を紹介する実演コーナーを設置。その他、「百年前の大麻の糸」を使ったコースターづくり、木製スプーンや数珠ブレスレットづくりのワークショップなどの体験コーナーが設けられる。

 今年度からプロモーションのキーワードに「QOL(クオリティ・オブ・ライフ)滋賀 ~来てよし!食してよし!住んでよし!~」を掲げている同県。観光資源のほか、文化、住環境等、生活全般の観点から広報活動を行う同県の取り組みに注目したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  5. 富裕層インバウンドの法則その8

  6. 【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:3】下鴨茶寮の粉しょうゆ

  7. 横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 中野二丁目地区再開発、低層部には商業施設

  10. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top