日本のものづくり史……大学生向け講座 画像 日本のものづくり史……大学生向け講座

IT業務効率

 国立科学博物館では10月から12月までの金曜日の夜に開催する「大学生のための科学技術史講座」の参加者を募集している。対象は、大学生・大学院生。専門学校生のほか、一般も参加可能。

 同講座は科学技術史研究の成果の発信として、平成19年度より開始され、日本の産業、文化を支えてきた日本の「ものづくり」にスポットを当てたもの。同博物館の研究員らが、建築や発掘調査などさまざまな観点から、日本の科学技術の歴史について語る。

 同講座は10月から12月の金曜日の午後6時から午後7時半まで開講され、定員は40名程度。受講料は12,340円だが、国立科学博物館大学パートナーシップ入会大学の学生は6,170円で受講できる。国立科学博物館大学パートナーシップ入会大学の一覧はWebで見ることができる。

 講座カリキュラムは、日本のものづくりの特色や技術を紹介し現状と課題を取り扱う第1回「日本の科学技術、産業技術の概論」のほか、第3回「出土遺物から探る科学技術」、第6回「日本の科学技術、産業技術の総括」など。

 参加希望者は、住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、学校名(現役の学生のみ)、学部・専攻(現役の学生のみ)を明記し、メールかFAXで申し込む。メールで申し込む場合は、件名を「大学生のための科学技術史講座受講申込」と記入すること。申込期限は9月14日必着。

 受講決定者には9月18日までに、受講決定通知と受講料の支払い方法などについて通知する。

◆国立科学博物館「大学生のための科学技術史講座」
対象:大学生、院生、専門学校生(一般も可)
会場:国立科学博物館(上野地区)
開講期間:10月2日・16日、11月6日・20日、12月4日・18日の各金曜日
開講時間:18:00~19:30
募集定員:40名程度
受講料:12,340円(大学パートナーシップ入会大学の学生は6,170円)
※同講座は6回連続講座のため、1コマ単位の受講はできない

日本のものづくり再発見、大学生のための科学技術史講座

《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  2. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

    農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

  3. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

  4. ソフトバンク、新卒採用選考にAI導入/エントリーシート確認作業時間を75%軽減

  5. 「未来投資戦略2017」、ドローンの荷物配送やトラック隊列走行を実現化へ

  6. ペットの迷子対策にも? 世界最小級の動物用マイクロチップ発売

  7. 着用型ロボットが活躍! 園地除雪がうぃ~んと楽に

  8. 「アパレルショップと消費者」のマッチングアプリが登場、店舗の「O2O」活動を支援

  9. サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

  10. 「食」のプレゼンテーションは物産展からITの世界へ

アクセスランキングをもっと見る

page top