ドラレコ、上期販売台数は29万台、販売金額も上昇 画像 ドラレコ、上期販売台数は29万台、販売金額も上昇

IT業務効率

GfKジャパンは、2015年上半期(1-6月)のドライブレコーダーの販売動向を発表した。

ドライブレコーダー市場は製品の認知度上昇とともに拡大を続け、2015年上半期の販売台数は前年比50%増の29万台に達した。参入メーカーも前年同期から1.3倍増え、50社を上回った。また、高機能化により平均価格が上昇しており、販売金額は前年比86%増となった。

2015年上半期は、高機能モデルの伸長が目立った。衝撃検知機能を搭載する製品の数量構成比は、前年上半期の3割強から2015年上半期には倍増し、7割に迫った。また、高画質化も進んでおり、動画記録画素数200万画素以上の製品は前年同期の4割強から約6割を占めるまでに拡大した。

2015年に入り、カーナビやレーダー探知機等の車載用機器と連携する製品も増加しており、ドライブレコーダーのさらなる需要増加が見込まれる。ただし、購入率は年代によって差が見られ、60歳代が8%である一方、30歳未満は3%と極めて限定的。今後の拡大のためには、若年層への訴求が課題となりそうだ。

ドライブレコーダー、2015年上半期の販売台数は5割増の29万台…GfKジャパン調べ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 建築ドローン協会、将来的にはドローンスクールの立ち上げも

    建築ドローン協会、将来的にはドローンスクールの立ち上げも

  2. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

    首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  4. サービス業のIT利用最前線!5 NECが進化させる“おもてなし”プロダクト体験

  5. 全天候型ドローン+超高感多目的カメラで災害時の情報収集

  6. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  7. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  8. 日建連、土木工事のIoT対応強化へ/会員現場に実証フィールド用意

  9. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  10. ~ポストものづくり時代:1~伝統工芸を現在とシンクロさせる

アクセスランキングをもっと見る

page top