ドラレコ、上期販売台数は29万台、販売金額も上昇 画像 ドラレコ、上期販売台数は29万台、販売金額も上昇

IT業務効率

GfKジャパンは、2015年上半期(1-6月)のドライブレコーダーの販売動向を発表した。

ドライブレコーダー市場は製品の認知度上昇とともに拡大を続け、2015年上半期の販売台数は前年比50%増の29万台に達した。参入メーカーも前年同期から1.3倍増え、50社を上回った。また、高機能化により平均価格が上昇しており、販売金額は前年比86%増となった。

2015年上半期は、高機能モデルの伸長が目立った。衝撃検知機能を搭載する製品の数量構成比は、前年上半期の3割強から2015年上半期には倍増し、7割に迫った。また、高画質化も進んでおり、動画記録画素数200万画素以上の製品は前年同期の4割強から約6割を占めるまでに拡大した。

2015年に入り、カーナビやレーダー探知機等の車載用機器と連携する製品も増加しており、ドライブレコーダーのさらなる需要増加が見込まれる。ただし、購入率は年代によって差が見られ、60歳代が8%である一方、30歳未満は3%と極めて限定的。今後の拡大のためには、若年層への訴求が課題となりそうだ。

ドライブレコーダー、2015年上半期の販売台数は5割増の29万台…GfKジャパン調べ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

    【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

  2. 【動画PRの成功術:2】月30台もピアノが売れる動画とは?

    【動画PRの成功術:2】月30台もピアノが売れる動画とは?

  3. 1人経営のカフェの武器! タブレット決済でレジ効率化

    1人経営のカフェの武器! タブレット決済でレジ効率化

  4. スマホで撮ると周辺物件の参考価格がわかるアプリリリース

  5. NIPPOがホイールローダー自動停止システム開発、ステレオカメラで障害物に対応

  6. ダンプの自動化に成功! 建設機械の自動運転

  7. 産学官連携の次世代型放射光施設が具体化へ。宮城県内で候補地絞り込み

  8. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  9. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

アクセスランキングをもっと見る

page top