ジャカルタで「日本・インドネシア フードフェスティバル」開催 画像 ジャカルタで「日本・インドネシア フードフェスティバル」開催

海外進出

「日本・インドネシア フードフェスティバル」を開催
6日、ジャカルタで「日本・インドネシア フードフェスティバル」が開催された。食文化を通じて、日本とインドネシアの相互理解と友好を深めることを目的として行われたイベントだ。

毎日新聞社、コンパス主催、農水省などが後援し、日本生命、セクイスライフが特別協賛として名を連ねている。

この催しは、「第7回ジャカルタ日本祭り」と同時開催された企画になっている。「ジャカルタ日本祭り」は、日本大使館、ジャカルタ特別州政府の協力のもと、JJM実行委員会により開催されるもの。

両国の食材を活かした日本食を用意
昨今、世界的に注目を集めている和食をもっと知ってもらえるよう、ジャカルタ市内のホテルで、両国の食材を使用した、新たな日本食が用意された。およそ200人の参加者が堪能した。

この催しには、ムハンマド・ルトフィ前駐日インドネシア大使、谷崎泰明・駐インドネシア大使などらの要人も出席。開催にあたり、日本生命の古市健副社長があいさつした。

当日振る舞われたメニューは、ホテル椿山荘東京のシェフの監修によるもの。イスラム教徒に配慮した、「ハラル」の認証を受けた日本産和牛、インドネシア伝統の発酵食品である「テンペ」を使用ものなど、素材を工夫した料理が提供された。

日本・インドネシア フードフェスティバル、開催

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. パタヤにもある「日本のクオリティ」、変わりゆくタイ東部

    パタヤにもある「日本のクオリティ」、変わりゆくタイ東部

  3. “世界最強の製造業” はどう生まれた? GEの人材育成哲学

    “世界最強の製造業” はどう生まれた? GEの人材育成哲学

  4. イチゴの長距離船便に対応するパッケージ。鮮度保ち輸出拡大へ弾み!

  5. 昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高!

  6. 【HCJ2016】訪日外国人激増時代の“日本の外食”ニーズとは

  7. 国交省、中小・中堅建設の海外進出支援強化…ベトナムなど対象

  8. フィリピンの電動トライク事業、渦潮電気が約36億で受注

  9. 西松建設が香港支店のローカルスタッフを研修、海外職員の育成強化へ

  10. ラーメン「一風堂」、シンガポール「マリーナベイサンズ」に出店

アクセスランキングをもっと見る

page top