街頭防犯カメラ設置補助金、2次募集を開始……大分県警 画像 街頭防犯カメラ設置補助金、2次募集を開始……大分県警

インバウンド・地域活性

 大分県警は街頭防犯カメラ設置促進事業として、街頭防犯カメラを設置する自治会などに対して設置費用の一部補助を行う。現在は2次募集期間となり、9月から2016年1月までに10団体までの申請を受け付けている。

 原則として対象となるのは大分市内、別府市内、中津市内で、地域住民が不安を感じる事案を抑止する目的で設置する防犯カメラに対しての補助となる。

 補助対象は防犯カメラ設置に要する経費で、設置後の運用経費は事業実施団体が負担するものとなる。補助費は対象経費の2分の1、上限金額は1団体で50万円となっている。

 申請に伴う書類などは大分県警のwebページで公開されており、申請順での対応となっている。

【地域防犯の取り組み】大分県警、街頭防犯カメラ設置補助事業の2次募集を開始

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

    ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 羽田空港跡地第1ゾーン開発、16年2月の都計審に付議

    羽田空港跡地第1ゾーン開発、16年2月の都計審に付議

  4. 鹿児島県薩摩川内市のコンベンション施設、ホテル、レストラン、商業施設も

  5. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  6. 羽田空港跡地第2ゾーン、五輪までに宿泊施設開業へ!

  7. 国交省が登録資格者を積極活用!インフラ点検・診断、対象業務7割で配置

  8. ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  9. 最先端のテキスタイルを世界へ!小松精練が今年もパリで単独個展

  10. ~着地型観光:4~アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

アクセスランキングをもっと見る

page top