街頭防犯カメラ設置補助金、2次募集を開始……大分県警 画像 街頭防犯カメラ設置補助金、2次募集を開始……大分県警

インバウンド・地域活性

 大分県警は街頭防犯カメラ設置促進事業として、街頭防犯カメラを設置する自治会などに対して設置費用の一部補助を行う。現在は2次募集期間となり、9月から2016年1月までに10団体までの申請を受け付けている。

 原則として対象となるのは大分市内、別府市内、中津市内で、地域住民が不安を感じる事案を抑止する目的で設置する防犯カメラに対しての補助となる。

 補助対象は防犯カメラ設置に要する経費で、設置後の運用経費は事業実施団体が負担するものとなる。補助費は対象経費の2分の1、上限金額は1団体で50万円となっている。

 申請に伴う書類などは大分県警のwebページで公開されており、申請順での対応となっている。

【地域防犯の取り組み】大分県警、街頭防犯カメラ設置補助事業の2次募集を開始

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

    エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

  2. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  6. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  7. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】「もみじ饅頭のお酒」を生み出した広島県中国醸造の社風……ニッチ市場を意外性で盛り上げる

  9. ヒューリック、直営ホテル新規出店/観光分野で攻勢

  10. 自由が丘駅前再開発/過密化、老朽化からにぎわい創出の町へ

アクセスランキングをもっと見る

page top