【中小企業の『経営論』】第12回:「扉を開けている」だけでは部下はやってこない 画像 【中小企業の『経営論』】第12回:「扉を開けている」だけでは部下はやってこない

マネジメント

 ある会社で行っていたミーティングの中で、社員間のコミュニケーションについての話題になり、その場にいた社長と管理職の方々が、口々にこんなことをおっしゃいます。

「うちの部下は自分から提案してこない」
「会議で積極的に発言する者がほとんどいない」

 実はこういう話は、様々な企業の社長や管理職の方々から、かなりたくさんうかがいます。

「俺たちの頃はもっといろいろ上司に意見を言っていた!」
 「自分たちはもっと積極的に発言していた」

 こういったことをおっしゃいますが、こればかりは実際にどうだったのかわかりません。ただ、こんなことがあった、あんなことがあったという話を聞いていると、確かにそう言いたくなる気持ちはわからなくもありません。

 こんな時、私がいつも思い出すのは、ある中堅IT企業の社長のお話です。

 年令は40代後半、とても穏やかな印象の社長で、相手が誰でも話をきちんと聴く、常にオープンでウエルカムなスタンスの方でした。部下からの話はいつでも聴けるようにと言って、来客の時以外はいつも社長室の扉を開けていて、社員たちには「何かあったらいつでも来なさい」と常々おっしゃっていました。

 ただ、この社長にお話をうかがうと、ちょっと曇った顔で「特に現場の一般社員や若手社員が話に来ることはほとんどない」「ホントはもっと現場の話が聞きたいんだけど・・・」などとおっしゃいます。

 ここで冷静に考えてみれば、実際の話、若い社員たちが社長室にいろいろ話をしに行くかといえば、よほど気楽な間柄でもない限り、そんなことはありません。部下からすれば、社長室はやはり敷居が高いですし、相手が社長となれば、気軽に何でも話す関係というわけにはなかなかいかないでしょう。
《小笠原隆夫/ユニティ・サポート》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ルノー日産連合はどう生まれた? 死去の元日産会長・塙氏の決断

    ルノー日産連合はどう生まれた? 死去の元日産会長・塙氏の決断

  2. レクサス・マレーシア、2.0ターボ搭載の「IS200t」を発表

    レクサス・マレーシア、2.0ターボ搭載の「IS200t」を発表

  3. 労働者1人あたりの生産量、2014年度は5年ぶり下落

    労働者1人あたりの生産量、2014年度は5年ぶり下落

アクセスランキングをもっと見る

page top