【中小企業の『経営論』】第12回:「扉を開けている」だけでは部下はやってこない 画像 【中小企業の『経営論』】第12回:「扉を開けている」だけでは部下はやってこない

マネジメント

 ある会社で行っていたミーティングの中で、社員間のコミュニケーションについての話題になり、その場にいた社長と管理職の方々が、口々にこんなことをおっしゃいます。

「うちの部下は自分から提案してこない」
「会議で積極的に発言する者がほとんどいない」

 実はこういう話は、様々な企業の社長や管理職の方々から、かなりたくさんうかがいます。

「俺たちの頃はもっといろいろ上司に意見を言っていた!」
 「自分たちはもっと積極的に発言していた」

 こういったことをおっしゃいますが、こればかりは実際にどうだったのかわかりません。ただ、こんなことがあった、あんなことがあったという話を聞いていると、確かにそう言いたくなる気持ちはわからなくもありません。

 こんな時、私がいつも思い出すのは、ある中堅IT企業の社長のお話です。

 年令は40代後半、とても穏やかな印象の社長で、相手が誰でも話をきちんと聴く、常にオープンでウエルカムなスタンスの方でした。部下からの話はいつでも聴けるようにと言って、来客の時以外はいつも社長室の扉を開けていて、社員たちには「何かあったらいつでも来なさい」と常々おっしゃっていました。

 ただ、この社長にお話をうかがうと、ちょっと曇った顔で「特に現場の一般社員や若手社員が話に来ることはほとんどない」「ホントはもっと現場の話が聞きたいんだけど・・・」などとおっしゃいます。

 ここで冷静に考えてみれば、実際の話、若い社員たちが社長室にいろいろ話をしに行くかといえば、よほど気楽な間柄でもない限り、そんなことはありません。部下からすれば、社長室はやはり敷居が高いですし、相手が社長となれば、気軽に何でも話す関係というわけにはなかなかいかないでしょう。
《小笠原隆夫/ユニティ・サポート》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省/発注関係事務、16年夏に統一指標/重点項目に予定価格・設計変更・平準化

    国交省/発注関係事務、16年夏に統一指標/重点項目に予定価格・設計変更・平準化

  2. 東急不動産HD、沖縄に大型リゾートなどホテル事業で攻勢

    東急不動産HD、沖縄に大型リゾートなどホテル事業で攻勢

  3. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  4. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  5. 三菱地所が全国3カ所に新規用地取得、物流施設の開発投資加速へ

  6. 「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

  7. 改造内閣、国交相に旧建設省技官出身・石井啓一氏

  8. 日立建機、後方超小旋回型ミニショベルをモデルチェンジ…排ガス規制に対応

  9. 電子部品大手は今期業績上振れ、中国向けスマホ「減速感なし」

  10. 総務省、自治体財政に施設老朽化比率反映

アクセスランキングをもっと見る

page top