業務システム利用の多いiPad、導入台数の多いAndroid 画像 業務システム利用の多いiPad、導入台数の多いAndroid

マネジメント

 シード・プランニングは7日、タブレット端末のビジネス利用に関する調査結果を発表した。タブレット端末のビジネス利用380事例(222万5000台)、支援ソリューション270事例を調査分析した内容となっている。調査時期は2015年6月。

 2010年6月の同社調査では、活用事例(端末導入と支援ソリューション事例)は28事例だったが、今回は約23倍の合計650例となるなど、タブレットの普及が鮮明となった。端末機種のOS別では、「iPad」採用事例が約7割を占めていた。一方で、導入台数の総計では、「Android」が7割以上となっている。『少数導入のiPad、大量導入のAndroid』という使い分けが現場でなされていると推測される。

 利用分野別導入台数では、9分野(教育、医療・介護・健康、金融・保険、運輸・観光・飲食、サービス業、商社・卸売、小売業、製造・建設、地方自治体)のうち、「教育」がもっとも多く68%(151.8万台)に達していた。以下、「金融・保険」11%(23.2万台)、「サービス業」8%(18万台)が続いた。

タブレットのビジネス利用、事例数ではiPad・導入台数ではAndroidが優勢

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

    おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

  2. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

    「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  3. 【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

    【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

  4. パシコンがダイバーシティーを本格化! 身近な働き方改革へ

  5. 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

  6. 歩切り根絶で全市町村に働き掛け強化――国交省と都道府県が合意

  7. 女性活躍に力を入れる企業像……約300社の分析データから判明

  8. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  9. 「五郎丸歩」がヤマハ発動機で体現した企業スポーツの意義

  10. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

アクセスランキングをもっと見る

page top