業務システム利用の多いiPad、導入台数の多いAndroid 画像 業務システム利用の多いiPad、導入台数の多いAndroid

マネジメント

 シード・プランニングは7日、タブレット端末のビジネス利用に関する調査結果を発表した。タブレット端末のビジネス利用380事例(222万5000台)、支援ソリューション270事例を調査分析した内容となっている。調査時期は2015年6月。

 2010年6月の同社調査では、活用事例(端末導入と支援ソリューション事例)は28事例だったが、今回は約23倍の合計650例となるなど、タブレットの普及が鮮明となった。端末機種のOS別では、「iPad」採用事例が約7割を占めていた。一方で、導入台数の総計では、「Android」が7割以上となっている。『少数導入のiPad、大量導入のAndroid』という使い分けが現場でなされていると推測される。

 利用分野別導入台数では、9分野(教育、医療・介護・健康、金融・保険、運輸・観光・飲食、サービス業、商社・卸売、小売業、製造・建設、地方自治体)のうち、「教育」がもっとも多く68%(151.8万台)に達していた。以下、「金融・保険」11%(23.2万台)、「サービス業」8%(18万台)が続いた。

タブレットのビジネス利用、事例数ではiPad・導入台数ではAndroidが優勢

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. アンケートで分かった、国内企業の「障がい者雇用」への取り組み

    アンケートで分かった、国内企業の「障がい者雇用」への取り組み

  2. 清水建設、連結子会社の橋梁・鉄骨事業を統合

    清水建設、連結子会社の橋梁・鉄骨事業を統合

  3. 日銀短観で人手不足が深刻、中小企業は新卒採用難で下方修正も

    日銀短観で人手不足が深刻、中小企業は新卒採用難で下方修正も

  4. ネジ・工具など間接資材で急成長!ネットストア「モノタロウ」成功の秘密

  5. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  6. ブリヂストン REGNO GR-X I/GRV IIが用品大賞2015でグランプリ獲得

  7. データ入力他に対応するBPOセンター ミャンマーレカム6月1日より稼働

  8. 東芝が深刻、フリーキャッシュフロー悪化で資金調達に影響も

  9. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  10. 専門家に聞く「そもそもマイナンバー」って何?――10月までに知っておきたいこと

アクセスランキングをもっと見る

page top