業務システム利用の多いiPad、導入台数の多いAndroid 画像 業務システム利用の多いiPad、導入台数の多いAndroid

マネジメント

 シード・プランニングは7日、タブレット端末のビジネス利用に関する調査結果を発表した。タブレット端末のビジネス利用380事例(222万5000台)、支援ソリューション270事例を調査分析した内容となっている。調査時期は2015年6月。

 2010年6月の同社調査では、活用事例(端末導入と支援ソリューション事例)は28事例だったが、今回は約23倍の合計650例となるなど、タブレットの普及が鮮明となった。端末機種のOS別では、「iPad」採用事例が約7割を占めていた。一方で、導入台数の総計では、「Android」が7割以上となっている。『少数導入のiPad、大量導入のAndroid』という使い分けが現場でなされていると推測される。

 利用分野別導入台数では、9分野(教育、医療・介護・健康、金融・保険、運輸・観光・飲食、サービス業、商社・卸売、小売業、製造・建設、地方自治体)のうち、「教育」がもっとも多く68%(151.8万台)に達していた。以下、「金融・保険」11%(23.2万台)、「サービス業」8%(18万台)が続いた。

タブレットのビジネス利用、事例数ではiPad・導入台数ではAndroidが優勢

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. JFEエンジニアリング、海外の橋梁事業3年で100億円目標に

    JFEエンジニアリング、海外の橋梁事業3年で100億円目標に

  2. ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化――道路運送車両の保安基準改訂

    ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化――道路運送車両の保安基準改訂

  3. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

    リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

  4. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

  5. 清水建設が東燃ゼネラル・静岡ガスと新会社、天然ガス火力発電へ

  6. JAPIC、林業復活・地域創生の推進を提言

  7. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  8. 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

  9. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

アクセスランキングをもっと見る

page top