企業アプリのダウンロード数を最大化するツール、電通が開発 画像 企業アプリのダウンロード数を最大化するツール、電通が開発

IT業務効率

 株式会社電通(東京都港区)は9日、BtoCで提供されるアプリ向けのソリューションツール「App Buildbox」(アプリ・ビルドボックス)」を発表した。

 このツールは企業が顧客との接点拡大のために活用しているスマートフォン用アプリにおいて、そのダウンロード数を最大化するためのもの。リアルなアプリの利用実態とマス・デジタル双方のメディア接触状況が分かる「ユーザー分析ツール」、テレビへの出稿量や出稿パターンなどからダウンロード数を予測する「メディアプラン・ツール」など、4つの機能から構成される。

 現在、国内外の流通、メーカー、出版社といった様々な業種の企業が、スマートフォン用アプリを活用した“顧客との接点づくり”に取り組んでいる。しかし、その一方で同社によると、「十分なダウンロード数の確保に必要な広告費用が判断できない」「どのような人が自社や他社のアプリを使っているのか分からない」といった悩みを抱える企業が増えているという。

 今回のツールはこうした背景から開発されたとのこと。その活用による企業の効率的なアプリ運用の促進に期待したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. 音声認識で議事録作成。作業時間半減!建設・不動産業界向け

    音声認識で議事録作成。作業時間半減!建設・不動産業界向け

  4. 産学官の新たなプロジェクトはじまる……ひの@平山小

  5. 「企業のマイナンバー安全対策」を一括支援するサービスが誕生

  6. 防災ステーションとして使えるWi-Fi機能付き照明灯

  7. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  9. コンチネンタルの次世代車載レーダーモジュールにフリースケールの77GHz技術を統合

  10. 川崎地質がけん引式空洞探査車を開発

アクセスランキングをもっと見る

page top