企業アプリのダウンロード数を最大化するツール、電通が開発 画像 企業アプリのダウンロード数を最大化するツール、電通が開発

IT業務効率

 株式会社電通(東京都港区)は9日、BtoCで提供されるアプリ向けのソリューションツール「App Buildbox」(アプリ・ビルドボックス)」を発表した。

 このツールは企業が顧客との接点拡大のために活用しているスマートフォン用アプリにおいて、そのダウンロード数を最大化するためのもの。リアルなアプリの利用実態とマス・デジタル双方のメディア接触状況が分かる「ユーザー分析ツール」、テレビへの出稿量や出稿パターンなどからダウンロード数を予測する「メディアプラン・ツール」など、4つの機能から構成される。

 現在、国内外の流通、メーカー、出版社といった様々な業種の企業が、スマートフォン用アプリを活用した“顧客との接点づくり”に取り組んでいる。しかし、その一方で同社によると、「十分なダウンロード数の確保に必要な広告費用が判断できない」「どのような人が自社や他社のアプリを使っているのか分からない」といった悩みを抱える企業が増えているという。

 今回のツールはこうした背景から開発されたとのこと。その活用による企業の効率的なアプリ運用の促進に期待したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  2. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

    VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  3. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  5. 1人経営のカフェの武器! タブレット決済でレジ効率化

  6. 【VRと中小企業:5】VRが即戦力になる中小企業の現場とは

  7. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  8. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

  9. 新型の無人探査機で桟橋下面を点検、清水港で現地実験

  10. ドローンで災害時に医薬品配送! 国家戦略特区・福岡で飛行試験

アクセスランキングをもっと見る

page top