農産物輸出、6次化、飼料用米…農水省が先進例発信

IT業務効率

 農水省は、農産物輸出や6次産業化、飼料用米振興などの優良事例が一覧できるポータルサイトを、同省のホームページ(HP)に初めて開設した。部局や事業ごとに事例を公表していたが、それらを1カ所にまとめ、欲しい情報を入手しやすくした。同省は優良事例の全国展開を後押しし、地域農業の活性化につなげたい考え。同省HPの改良にも取り組み、情報発信力の一層の強化を目指す。
  「優良事例ポータルサイト~現場の知恵と汗と勇気~」と題し、8月下旬から運用を始めた。同省HPのトップページからリンクして閲覧でき、手軽に農業の優良事例や先進的な取り組みの情報が入手できる。

 ポータルサイトの開設は、同省が重視する「優良事例の横展開(全国展開)」の一環。これまで優良事例は部局や事業ごとに公表しており、閲覧者が多くの情報を調べるには手間が掛かっていた。1カ所でまとめて検索できる機会をつくり、優良事例の発信力強化につなげる。

 現在、和食・食育・消費拡大や地産地消、農村振興・地域活性化といった14の大まかな分類に計61項目の事例集を公表している。各項目をクリックすれば、担当部局のページなどに移動して情報が得られる。

 中でも重要施策に関する五つの事例集は、「ホットトピックス」として別立てて公表している。その一つ、「農林水産物等の輸出取組事例」は各地の輸出の取り組みについて、ポイントや今後の展望を取り上げる。「6次産業化の取組事例集」は、六次産業化・地産地消法の認定を受けた事業者の活動内容を紹介する。

 同省は「一覧にしているので、欲しい情報が入手しやすい。経営の参考に有効利用してほしい」(政策課)と呼び掛ける。今後も情報発信力の強化に向け、事例集の掲載内容を分かりやすいものにしたり、来年3月をめどに同省HPを改めたりすることを計画している。

農産物輸出、6次化、飼料用米・・・ 先進例まとめて発信 農水省が総合案内サイト

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付けがサイト集客増に!

    【AIで変わる経営:1】分析による裏付けがサイト集客増に!

  3. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. ■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方

  5. 【スマート林業:4】誰にでも開かれた「材木屋」

  6. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  7. 【動画PRの成功術:3】講義をそのまま公開、顔の見える進学塾!

  8. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  9. 進むIoT化! 日清食品がIoTを活用した新工場建設を発表

  10. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

アクセスランキングをもっと見る

page top