新型Apple TV、各紙が報道……Siri対応・ゲーム機能他 画像 新型Apple TV、各紙が報道……Siri対応・ゲーム機能他

IT業務効率

 「ねえSiri(シリ)、ヒントをくれない。(Hey Siri, give us a hint.)」。サンフランシスコで現地時間9月9日午前10時から開かれるアップルのイベントでは、新型iPhoneとともに、セットトップボックスの新型Apple TVの発表が期待されている。バズフィードによれば冒頭の招待状がほのめかすように、Apple TVが音声アシスタントのSiriに対応。さらにユニバーサルサーチ機能で、作品や俳優、監督の名前などから映画やテレビ番組を音声で直感的に検索できるようになるという。

 一方、ニューヨークタイムズ紙は、テレビゲーム機としての機能が強化されると報道。高機能のグラフィックスチップに加え、モーションセンサー付きでゲームコントローラーにもなるリモコンが付属し、Apple TV向けのゲームアプリストアも開設されるという。その分、値段は高くなり、現行モデルの69ドル(発売時は99ドル)から150ドルほどになるとみられている。

 ここで、9日の発表と直接の関係はないが、iOS9対応の新型Apple TVをモチーフにしたテレビ画面のデザインコンセプトがあまりに美しいので紹介したい(下記のリンク参照)。デザイナー兼起業家のアンドリュー・アンブロシーノ氏によるもので、テレビの縁の部分(ベゼル)が非常に細いデザイン性に富んだ大型テレビをもとに、「ホームスクリーン」のような用途を想定している。

 通常のテレビ放送/ネット動画はもちろん、時計とともに表示される風景などのバックグラウンド映像、サーチボタンでSiriを呼び出してユニバーサルサーチを使う場面、画面の中の小さいウィンドウにコンテンツを表示する「ピクチャー・イン・ピクチャー」機能など、そのデザインコンセプトは思わず息を飲むほど美しく、魅力的だ。

 アップルは薄型テレビへの参入を断念したとされる。とはいえ、実はテレビメーカーの軒先を借りながら、このデザインコンセプトが示すように、Apple TVを切り口にしてテレビのあり方を変えていく戦略なのかもしれない。

大化けするか? 音声アシスタントに対応し、ゲーム機にもなる新型Apple TV

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

    NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

  2. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

    ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  3. 【HJ HJ EYE:5】シェアリングエコノミーはビジネスをどう変えるのか?

    【HJ HJ EYE:5】シェアリングエコノミーはビジネスをどう変えるのか?

  4. ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

  5. いまどきの工事現場ーーパワーショベルの位置決めも自動!?

  6. 【水産流通革命:1】多品種少量ニーズにITで応える

  7. 水が凍結する時の圧力で壁解体! 環境に優しい工法

  8. 雷を避けてこそ「避雷針」――消イオン容量型避雷針

  9. 最新の低騒音型ボーリングマシン、人員削減も

  10. 国産OSの灯は消えない――TOPPERSプロジェクト

アクセスランキングをもっと見る

page top