空き家の再生ビジネスに商機あり!? 調査「実家が空き家になったらどうする」 画像 空き家の再生ビジネスに商機あり!? 調査「実家が空き家になったらどうする」

ライフ

 不動産情報サービスを手掛けるアットホームは8日、30代・40代の男女を対象に「もし実家が空き家になったら」と題した調査を実施。その結果、空き家になった実家をどうしたいかという質問で、「売却する」が41.6%と最も多くの回答を集めた。

 次いで多かったのは「将来自分もしくは親族が住む」で 34.8%。以下は大きく離れて「賃貸にする(土地活用含む)」が 11.7%、「誰が住むかはわからないが、空き家にして管理し続ける」が7.9%となった。

 「売却したい」という回答者に理由を尋ねると、「将来、その家に住むことが無いから」が49.8%、「現金収入が欲しいから」が38.5%、「固定資産税を払いたくないから」が38.1%となった。

 一方、最初の質問で「将来自分もしくは親族が住む」と回答した34.8%は、その実家が空き家になっても、すぐに誰かが住むとは限らない。住めない場合、しばらくは空き家となるだろう。すると、これを「誰が住むかはわからないが、空き家にして管理し続ける」の7.9%とあわせると、空き家になるケースが4割を占めることになる。これは「売却したい」と同様の割合だ。

 アベノミクスが掲げる「地方創生」では、空き家をリフォームして貸し出し、地方の過疎化や労働者不足などを改善しようという地方活性化策が盛り込まれている。売却物件はもちろんだが、こうして空き家になった物件も含め、不動産の再生ビジネスが今後ますます注目を集めそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. ハイドランジア「筑紫の風」 希少な花色と重量感  

    ハイドランジア「筑紫の風」 希少な花色と重量感  

  2. 【ご当地美人】やっぱり和服が一番!ミス加賀友禅・中野未那さん

    【ご当地美人】やっぱり和服が一番!ミス加賀友禅・中野未那さん

  3. 電柱の埋設、従来より浅い位置可能に…無電柱化促進で

    電柱の埋設、従来より浅い位置可能に…無電柱化促進で

  4. ランドセル、親・祖父母購入が各46%、売れ筋価格は3~5万円

  5. りんごをかじってパチリ!? スマホを使った歯科診断付きリンゴ

  6. 農水省、料理の自給率計算ソフト公開…国産選べば上昇実感

  7. 40年の老舗書店に幕――リブロ池袋本店7月20日に営業終了

  8. 生涯現場との関わり重視…元清水建設社長・野村哲也氏お別れの会

  9. ゴールデンウィークの渋滞予測――日本道路交通情報センター

  10. 今後3年で“タニタ”の文字が飲食業界にあふれ出す!

アクセスランキングをもっと見る

page top