箱根を守ろう! 火山対応ロボットの開発プロジェクトを募集、神奈川 画像 箱根を守ろう! 火山対応ロボットの開発プロジェクトを募集、神奈川

インバウンド・地域活性

 箱根山の火山活動活発化が、観光地・箱根の経済に大打撃を与えている。この状況を打破すべく神奈川県は8日、大涌谷周辺で活用する火山対応ロボットの開発プロジェクトを募集し始めた。採択上限額は1000万円で、募集期間は28日まで。

 募集するプロジェクト(ロボット)は主に次の3タイプ。まず1つ目は「火山活動対応ドローン」で、火山活動が活発な場所での情報収集をはじめ、低高度での飛行による高精細映像の撮影、センサー設置に向けた地表温度の計測を目的とする。

 2つ目は「火山活動対応地上走行車」で、火山活動が活発な場所での情報収集やサンプリング作業のほか、立入規制の解除に向けて地表の火山ガス濃度等の情報収集を目的とする。そして、最後の3つ目が「火山活動対応地すべり警報システム」だ。

 県ではすでに「火山活動対応ロボット緊急開発プロジェクトチーム」を発足し、「さがみロボット産業特区」で培ったノウハウを活かし、ロボットやロボット技術の活用を検討してきた。今回の募集はこうした取り組みの1つとなる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

    上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. 徳島県藍住町の文化ホール再生、福祉や保険も含めた複合施設に

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  10. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

アクセスランキングをもっと見る

page top