8月の倒産件数が25年ぶりの700件割れ、月別比較でも今年最少 画像 8月の倒産件数が25年ぶりの700件割れ、月別比較でも今年最少

マネジメント

 東京商工リサーチは2015年8月における、全国企業倒産状況の調査結果を発表。これによると倒産企業は632件と今年最少の件数で、8月としては25年ぶりの700件割れを記録した。

 前年同月比は95件少ない13%減で、5カ月連続で前年同月を下回っている。負債総額では、前年同月よりも378億6800万円少ない27.8%減を記録。こちらも4カ月連続で前年同月を下回った。

 月次の負債総額が1000億円を下回ったのは、1990年9月の911億8200万円以来、24年11カ月ぶり。負債が1億円未満だったのは450件で構成比は71.2%となり、小規模企業の倒産が大半を占めた結果となった。

 産業別にみると、負債総額が前年同月比を上回ったのは、10産業区分のうち「農・林・漁・鉱業」の1産業のみ。ほかは軒並み前年同月比減だった。件数では、「農・林・漁・鉱業」に加えて「製造業」「情報通信業」も前年同月を上回り、「金融・保険業」は前年同月と同一となっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

    物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  3. 15年業種別「顧客満足度No.1ブランド」が決定!

    15年業種別「顧客満足度No.1ブランド」が決定!

  4. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  5. 設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

  6. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  7. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  8. リクルートの社内事業開発スキームを外部へ展開…サイバーエージェントと

  9. 建設技能労働者の融通、利用拡大を要望

  10. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

アクセスランキングをもっと見る

page top