「読み」が困難な子を支援するソフトウェア シナノケンシが開発・販売 画像 「読み」が困難な子を支援するソフトウェア シナノケンシが開発・販売

IT業務効率

 電子機器、精密機器メーカーのシナノケンシ(長野・上田市)が、文章を読むことに困難を抱えた子ども向けに、授業で使う自作プリント類をコンピューター上で読みやすく加工するソフトウェアを開発、販売を始めた。タブレット型コンピューターなどに文章を映し出し、音声で読み上げたり、漢字にフリガナを付けたりできる。標準小売り価格は4万5千円。
 検定済み教科書は既に、民間団体の手で電子化し、読みに困難を抱えた子ども向けに、コンピューター上の支援ソフトを使って活用できるようになっている。「デイジー教科書」などと呼ばれ、タブレット型コンピューターなどを使って、実際に授業で活用し始めている。ただ、教員が自作したプリント類など、教科書以外の教材は支援ソフトに対応させることが難しかった。
 開発したソフトウェアは「プレクストークプロデューサー」と名付けた。コンピューター上で、使いたい文章を入れると、自動で音声とフリガナが付けられるようになる。
 実際に授業で使う際は、支援を必要としている子どもにタブレット型コンピューターなどを持たせ、データを転送する。
 この商品は、昨年度から「学習上の支援機器」について文部科学省の研究指定を受けて長野県内の一部の学校では実験的に使っている。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!11 「落とし物」をこの世界からなくすために/MAMORIO

    サービス業のIT利用最前線!11 「落とし物」をこの世界からなくすために/MAMORIO

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. 新幹線車両検査にタブレット導入、「ヨシ!」と声に出すと検査内容が自動入力!

    新幹線車両検査にタブレット導入、「ヨシ!」と声に出すと検査内容が自動入力!

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. 技研のZEB(ネットゼロエネルギービル)化改修完了、一次エネ消費量が半減へ

  6. 建設作業員の疲労評価システム開発、ウエアラブルセンサーで定量化

  7. 大林組がIoT活用のシャツ型センサータイムリーに体調管理

  8. 君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

  9. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  10. 稲作・ワインぶどう作りにドローン活用! 協議会がドローン自動航行実験

アクセスランキングをもっと見る

page top