【ギフト・ショー】旅行やイベントに便利! イスになるバックパック 画像 【ギフト・ショー】旅行やイベントに便利! イスになるバックパック

イベント

 ジョーカーのブースには、バックパックにアルミ製の折りたたみイスがくっついた「ISPACKシリーズ」を展示。2015年9月に発売された最新の『ISPACK NEO CANVAS』は、ユーザーから要望が多かった防水モデル。バックパックの容量は20リットルで、イスは100kgの重量に耐える。バックパックとイスは簡単に分離でき、別々に使用可能だ。

 ジョーカーがISPACKを初めて開発したのは約10年前。屋外でスケッチや釣りをするときに便利と、長い間ファンに愛用され続けてきた。そんなファンからジョーカーの元にはたくさんの声が集まり、つねに新たな商品開発を続けていると言う。

 ニューモデル『ISPACK NEO CANVAS』は、水を通さない生地に止水ファスナー、無縫仕様と防水に万全なモデル。開発者の坂林聡樹氏は、「ISPACKは屋外で使うものなので、防水機能を求める声は多かった」と言う。そして「せっかく新製品を開発するなら……」と、サイドポケット内にある収納スペースを、iPhone 6 Plusがスッポリ入るよゆに大きめに設計。さらに背中にあたる部分には12インチまでのラップトップPCを収納可能にし、いまの時代にマッチしたバックパックとして誕生した。

 最近のユーザーがどのような用途に使っているのかを坂林氏に伺うと、旅行だけでなく、音楽の野外フェスやコミックフェスなど、待ち時間が長いさまざまなシチュエーションで使われているそうだ。実際に筆者も座ってみたが、座面が布製なので柔らかくて座りやすい。欲しくなるアイテムだ。


★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《佐藤隆博》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

    【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

  2. 【ウェアラブルEXPO】建設・物流現場、最新導入トレンド!

    【ウェアラブルEXPO】建設・物流現場、最新導入トレンド!

  3. 土木学会長「志と熱意ある技術者育成を」

    土木学会長「志と熱意ある技術者育成を」

  4. 先進的な取り組みが次々と登場、IoTがもたらす未来とは?

  5. 「地方創生カレッジ」で進む人材育成、求められる担い手とは?

  6. 【VR展:1】バーチャルリアリティでモノ作りは何が変わる?

  7. 【国際ロボット展】ロボット配線たるみを解決、伸縮電線「ROBODEN」

  8. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  9. 切削加工が得意なものづくり企業が集結、岡山で展示商談会開催 2月9-10日

  10. シーフードショー過去最大規模。「食育」セミナーも!

アクセスランキングをもっと見る

page top