中堅・中小企業を対象に「航空機生産技術者養成研修」受講者募集、愛知 画像 中堅・中小企業を対象に「航空機生産技術者養成研修」受講者募集、愛知

人材

 愛知県が中堅・中小企業を対象に「航空機生産技術者養成研修」を実施する。その受講者を8日から募集開始した。

 同研修のカリキュラムは、初日が「設計」科目でCATIA_V5基本操作や航空機部品の設計、2日目が「生産技術」科目で部品・組立加工技術や作業手順書作成、最終日が「生産技術」科目の不適合処理(トラブルシュート)と「ディスカッション」科目の設計者・生産技術者とのフリーディスカッションとなる。

 これらは航空機産業において設計や各種製造現場の生産技術、生産管理業務などに携わるワダエンジニアリングの研修を通じて実施される。県内の中堅・中小企業の従業員で航空機製造に関わる人材を対象とし、航空機製造人材の育成を図るのが狙いだ。

 開催期間は10月28日~30日の3日間。各日とも9時~17時にワダエンジニアリング(名古屋市港区大江町)で実施される。定員は10名で、受講料は1人あたり2000円(テキスト代として研修初日に徴収)。

 三菱航空機および三菱重工業がリージョナルジェット旅客機「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」を開発し、10月には県営名古屋空港とその周辺空域で初飛行を行う予定。こうした航空機需要の高まりと市場拡大を受けて、県では人材育成に力を入れる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 事業承継と親族後継者の「学び」

    事業承継と親族後継者の「学び」

  3. ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』に見る、上司と部下の関係

    ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』に見る、上司と部下の関係

  4. ■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

  5. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

  6. 【中小企業の『経営論』】第6回:辞めて行く社員に向き合うこれからの形

  7. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  8. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  9. 人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

  10. NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと

アクセスランキングをもっと見る

page top