NTTデータ、マレーシアのEC決済代行会社を子会社化 画像 NTTデータ、マレーシアのEC決済代行会社を子会社化

IT業務効率

マレーシア最大のEC決済代行事業者
株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)は4日、シンガポールの子会社・NTT DATA Asia Pacific Pte. Ltdを通して、マレーシアで最大シェアを持つEC決済代行事業者・iPay88 Sdn. Bhd(以下、iPay88社)の株式取得により、同社を子会社化することで合意したと発表した。

NTTデータグループは「グローバルビジネスの拡大・充実・強化」に力を入れ、積極的に海外事業を拡大している。中でもペイメント分野は同社のコア事業ということもあり、今後の成長が期待されるアジア太平洋地域(APAC)に重点を置いている。

APACにおける、国境を越えるEC取り引きも年々拡大しており、EC決済代行事業にとって注目のマーケットとなっている。

APACで更なる事業拡大を目指す
今回のiPay88社の子会社化により、NTTデータはこの成長市場へ進出する足がかりを摑んだことになり、今まで培ってきたノウハウやソリューションと、iPay88社の持つ盤石な顧客ネットワークを融合させ、コンペティティブな決済サービスを提供する。

NTTデータは、これまでAPACにおいて、2011年にベトナム、2012年にタイ、そして2014年、ASEANの決済基盤となるAsian Payment Network(APN)に参入、参画してきた。今回のiPay88社の子会社化により、マレーシアだけでなく、APAC全体で、更なる事業拡大を目指すことになる。

(画像は株式会社NTTデータホームページより)

NTTデータ、EC決済代行iPay88社を子会社化

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  2. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  3. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  4. 1人経営のカフェの武器! タブレット決済でレジ効率化

  5. 【特集・スマート決済】しかも利用料無料!リクルート「Airレジ」

  6. ロボットアームを装備したドローン、プロドローンが開発

  7. キャタピラージャパン、オフロード法クリア新型ブルドーザーを発売

  8. 国産OSの灯は消えない――TOPPERSプロジェクト

  9. 【外食ビジネスウィーク:1】集客・人手対策の最新事情

  10. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

アクセスランキングをもっと見る

page top