ボイラの三浦工業、クアラルンプールに駐在員事務所を開設 画像 ボイラの三浦工業、クアラルンプールに駐在員事務所を開設

海外進出

ボイラのトップメーカー三浦工業、クアラルンプールに駐在員事務所を開く
国内外で小型貫流ボイラを製造・販売している三浦工業は、9月1日に同社のシンガポール現地法人MIURA SOUTH EAST ASIA PTE. LTD.がマレーシアのクアラルンプール市に駐在員事務所を開設すると発表した。

設立の背景
国内に7社、海外に13社展開している三浦工業は、マレーシアにおいても25年前より同社製造のボイラ販売・メンテナンスを行っている。

外務省発表によると現在マレーシアは国内総生産がASEAN第3位。非常に勢いのある国の1つであり、日系企業を含む外資系企業の進出が各分野において進んでいる。

このような状況で、同社も現地でのボイラの需要拡大が期待されることから、マレーシアの首都であるクアラルンプールに駐在員事務所を開設する運びとなった。

今後も高成長が見込まれるマレーシアでの事業戦略拠点として、現地法人化も視野に入れているという。

新事務所の事業概要
グローバル化に伴いハイクオリティの営業及びメンテナンス能力への要求が高まりを見せていることから、新事務所の主な事業内容は市場調査と販売店のサポートとなる。

具体的には同社のクライアントのニーズを調査、サポートを充実させるなどで、今後は調査に基づきサービスの向上も図っていく予定である。

(画像は三浦工業ホームページから)
《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  3. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  4. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  5. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  6. リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

  7. 【国産家具を世界へ!:3】中国・韓国市場は高級家具で勝負!

  8. 【Sakeの海外戦略:7】ワインのインフラを通じて世界へ

  9. パックご飯が欧米で人気沸騰中!

  10. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

アクセスランキングをもっと見る

page top