【地方発ヒット商品の裏側】水管理システムとシートシャッター、その共通点とは? ……小松電機産業 画像 【地方発ヒット商品の裏側】水管理システムとシートシャッター、その共通点とは? ……小松電機産業

インバウンド・地域活性

 島根県の小松電機産業は非常にユニークな会社だ。商品としては工場などの出入り口に利用されるシートシャッター、クラウドを活用した水管理システムが有名だ。どちらも雑誌やテレビなどで取り上げられているので、聞いたことがある人もいるかもしれない。

■工場・倉庫の問題から生まれたシートシャッター
 シートシャッター(商品名:happygate門番)は、小松電機産業の創業社長である小松昭夫氏(同社代表取締役)が1980年に開発した製品が原型となる。工場など企業向けの製品ながらこれまで15万台の販売実績があり、シートシャッターの中で一番の納入台数となっている。1991年には中小企業研究センター賞、2012年にはものづくり日本大賞優秀賞を受賞するなど、その技術にも評価が集まっている。

 小松社長がシートシャッターを開発した背景には、それまで多くの工場が抱えていた問題がある。工場などの出入り口は、資材や製品の搬入、搬出を考えて間口が大きくなる。通常のシャッターや扉では開け閉めが大変だが、開けっ放しにすると夏場、冬場はエアコンが効きにくくなり作業環境が悪化する。そのため、大きなシートをのれん状にぶら下げたりするのだが、これが巻き込み事故を誘発したりする。開閉動作がないため出入りが反対側から見えないため、フォークリフトなど車両の出入りで事故が起きることがある。透明にしたとしても、巻き込み事故の元なのは変わらない。

 また、工場内の冷蔵倉庫、管理区画などの出入り口も、通常のドアは荷物を抱えたり台車では出入りがしにくく、前記と同様な問題が発生する。
《中尾真二/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  4. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  5. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

アクセスランキングをもっと見る

page top