【結】西松建設タミア・トリアンディニさん…トンネルが掘れない街で育った 画像 【結】西松建設タミア・トリアンディニさん…トンネルが掘れない街で育った

人材

 テレビや漫画で見る日本のインフラ、構造物の素晴らしさに感銘を受け、建設の道を志した。母国の大学で地質工学を専攻し、日本の大学院では防災について学んだ。日本の技術力、ゼネコンの施工管理力に引かれ、この春に日本のゼネコンに就職した。「学生の時に何度も現場を見学したけれど、実際に従事する方が楽しい」と目を輝かす。
 地質が悪くトンネルが掘れない街で育ったため、「トンネルがあれば…」との思いをずっと抱えてきた。インフラの大切さを人一倍知っているからこそ「この仕事を頑張りたい」と話す。専門用語には苦心しているが、ものづくりの楽しさを感じる日々。「まずは先輩たちに仕事を任されるようになりたい。さまざまな現場を経験して将来は海外の仕事にもチャレンジしたい」と姿勢は常に前向きだ。
 初配属はトンネル工事の現場。今は掘削に向けた準備段階で調査業務に従事している。シールド現場やセグメント工場を積極的に訪れ、「実現場を目で見て、身をもって感じることが大切だと思う」と準備に余念がない。
 「一生懸命働き、私生活も充実」がモットーで、休日は趣味の旅行と料理でリフレッシュ。友人の母から日本食を習うなど日本文化も吸収中だ。名前の「タミア」は某模型会社が由来。父が「世界で活躍する人に育ってほしい」との思いを込めたという。日本育ちの技術者として世界を目指す。
 (西松・戸田・奥村JV横浜湘南道路工事事務所、インドネシア出身)

結/西松建設関東土木支社タミア・トリアンディニさん/一生懸命働き、私生活も充実

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. “世界最高のモチベーションカンパニー”を目指した健康経営の取り組みとは?

    “世界最高のモチベーションカンパニー”を目指した健康経営の取り組みとは?

  2. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  3. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

  4. 電設協が働き方改革へ日建連に協力要請/適正工期での受注求める

  5. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  6. ~社内コミュニケーションの秘訣~初めは遊びでも出口が仕事につながればいい/BFT

  7. 中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか?

  8. 国交省、北海道開発局と地方整備局で7人の局長を交代

  9. ものづくり研修センター、東京木工場内に来春開校!

  10. 自民議連、地域経済を支える建設技能者の支援強化で決議採択

アクセスランキングをもっと見る

page top