Relation、マレーシアなどの訪日観光客向けの現地大手メディアと独占契約を結ぶ 画像 Relation、マレーシアなどの訪日観光客向けの現地大手メディアと独占契約を結ぶ

海外進出

マレーシア の『Leisure Travel』など、訪日観光客向けの現地メディアと日本総代理店契約を締結
タイやマレーシア中心に東南アジアからの訪日インバウンド観光プロモーション事業を展開しているRelationは、今月1日にマレーシア、インドネシア及びシンガポールの大手メディアの日本総代理店としての契約を8月に締結していたことを発表した。

今回契約したメディアは、インドネシア・マレーシアにおいて影響力の大きい旅行雑誌出版社及びシンガポールのフリーペーパー大手出版社であり、具体的には、マレーシア の『Leisure Travel』(AmLeisure Media)及び『Let’s Travel』(Nanyang Press Holdings 傘下のLife Magazines)、シンガポールの『WEEKENDER』(フリーペーパー出版社 WEEKENDER Group)、インドネシアの『Venture』(Bold Prints Publishing)ある。

日本企業が「日本総代理店」であるメリット
Relationはこの度の総代理店業務開始に伴い、日本国内での指定代理店への記事広告、純広告の媒体枠卸売り業務を開始する。

そのメリットとして同社は、「日本の」東南アジア地域の専門会社ならではの、日本側主導のオペレーションを挙げており、日本国内の指定代理店がより安心して確実な販売が行えるように努めるとともに、日本への招へい・現地セールスコールのワンストップサービスの一括提供してゆくとしている。

契約による影響と今後の展開
同社は今回の日本総代理店契約により、各地域における記事広告の円滑な掲載が可能になると見込んでおり、また、日本国内の窓口を一元化し、一括管理することで現在よりもさらにサービスの高品質化に努めるとしている。

さらに、今後の活動として日本での販売管理業務はもとより、各国においても現地提携会社または窓口を開設して、現在契約を結んでいるメディアとの関係強化を図るとともに、より一層安定したサポート体制の確保を図る予定である。

(画像はプレスリリースから)
《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

    日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  2. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  3. ミャンマー訪問から~大きく変化する国とその経済成長~

    ミャンマー訪問から~大きく変化する国とその経済成長~

  4. 国交省、米国向けインフラ輸出に本腰/160兆円市場、メンテナンスとPPPに商機

  5. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

  6. グローバル化対応コミュニケーションと言葉の壁

  7. ライト工業がベトナムに合弁会社を設立、地盤改良で事業展開

  8. 大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

  9. キングスオート社長が語る香港中古車ビジネス

  10. 日本郵船、トルコで完成車輸送事業に参入 大型ターミナルを新設

アクセスランキングをもっと見る

page top