千葉県浦安市にディズニーホテル開業へ TDR敷地外では初 画像 千葉県浦安市にディズニーホテル開業へ TDR敷地外では初

インバウンド・地域活性

 ディズニーホテルを運営するミリアルリゾートホテルズ(千葉県浦安市、高野由美子社長)は、JR新浦安駅周辺で同社の子会社が運営する「パーム&ファウンテンテラスホテル」を改修し、国内4番目のディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を開業する。建物は2棟構成で総延べ3・4万平方メートル規模。事業費は30億円を見込む。16年6月の一部開業、同秋ごろの全面開業を目指す。改修する「パーム&ファウンテンテラスホテル」は道路を挟んだ2棟で構成する。所在地は、パームテラスホテルが千葉県浦安市日の出7の1の1、ファウンテンテラスホテルが同市明海7の1の1。建物の規模はいずれも5階建て延べ1万7000平方メートルで、総客室数は702室。改修後の棟ごとの名称は未定。
 新設するホテルは、客室やロビー、中庭などのホテル館内にオリエンタルランドが運営する東京ディズニーリゾート(TDR)の世界観を反映した装飾を施す。このほか、施設機能を宿泊に特化させ、サービスの一部を簡略化することで宿泊料金を抑え、既存のディズニーホテルとの差別化を図る。TDR内にある△ディズニーアンバサダーホテル△東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ△東京ディズニーランドホテル-の三つのディズニーホテルは、いずれも年間90%を超える高い宿泊稼働率で推移。こうした需要の高さを踏まえ、ミリアルリゾートホテルズは新ホテルの開発を決定した。TDRの敷地外でのディズニーホテルの建設は初めてとなる。

ミリアルリゾート/千葉県浦安市にディズニーホテル/16年秋開業へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

    茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  3. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  4. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  5. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 肌に良し、食べて良し、飼って良し。酉年に現れたこの鳥の名は?

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  10. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

アクセスランキングをもっと見る

page top