マレーシアのスコミとチェコのシュコダ、鉄道車両メーカー同士で協定 画像 マレーシアのスコミとチェコのシュコダ、鉄道車両メーカー同士で協定

マネジメント

チェコの車両メーカーと協定締結
2日、マレーシアの車両メーカー、スコミ・エンジニアリング社は、チェコ共和国の車両メーカー、シュコダ・トランスポーテーション社とのパートナーシップ協定を結んだと発表した。
この協定により両社は、ライト・ラピッド・トランジット(LRT)とマス・ラピッド・トランジット(MRT)車両の開発を共同で進めていくこととなる。

世界に向け新しい製品を
スコミ・エンジニアリング社のCEO Kanesan Veluppillai氏は、この協定によりスコミ社は、より広範囲の地域のLRTとMRTに関する鉄道建設プロジェクトに参加できる機会を得ることができるとし、両社の技術、製品、サービスを融合すれば、世界に向け提供できる新しい車両を生み出していくことができるとした。

一方、ヨーロッパで大きな存在感を示す、シュコダ社は、現在、すでに中国市場への参入を果たしており、スコミ社とのパートナーシップ協定が、アセアン地域周辺各国での市場開拓への突破口となることを期待している。

スコミ社、各国で事業展開
スコミ社の新型4連結車両モノレールはクアラルンプールですでに運行されており、同社は、現在、インド、ムンバイで進行中の、2016年完成予定のモノレール計画にも携わっている。

また、ブラジルでも3つの事業が進行中だ。

車両メーカのスコミ社 業務提携

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 事業引継ぎ支援センター、新たに山形、福島、山口、長崎の4県に設置……中小企業の後継者問題に無料相談

    事業引継ぎ支援センター、新たに山形、福島、山口、長崎の4県に設置……中小企業の後継者問題に無料相談

  2. カットスイカ、持ち帰り袋で売上アップ……持ち手、ジッパー付き 果肉傷めず好評

    カットスイカ、持ち帰り袋で売上アップ……持ち手、ジッパー付き 果肉傷めず好評

  3. レッドウッド・グループ、埼玉県で2件の新規開発を計画

    レッドウッド・グループ、埼玉県で2件の新規開発を計画

アクセスランキングをもっと見る

page top