マレーシアのスコミとチェコのシュコダ、鉄道車両メーカー同士で協定 画像 マレーシアのスコミとチェコのシュコダ、鉄道車両メーカー同士で協定

マネジメント

チェコの車両メーカーと協定締結
2日、マレーシアの車両メーカー、スコミ・エンジニアリング社は、チェコ共和国の車両メーカー、シュコダ・トランスポーテーション社とのパートナーシップ協定を結んだと発表した。
この協定により両社は、ライト・ラピッド・トランジット(LRT)とマス・ラピッド・トランジット(MRT)車両の開発を共同で進めていくこととなる。

世界に向け新しい製品を
スコミ・エンジニアリング社のCEO Kanesan Veluppillai氏は、この協定によりスコミ社は、より広範囲の地域のLRTとMRTに関する鉄道建設プロジェクトに参加できる機会を得ることができるとし、両社の技術、製品、サービスを融合すれば、世界に向け提供できる新しい車両を生み出していくことができるとした。

一方、ヨーロッパで大きな存在感を示す、シュコダ社は、現在、すでに中国市場への参入を果たしており、スコミ社とのパートナーシップ協定が、アセアン地域周辺各国での市場開拓への突破口となることを期待している。

スコミ社、各国で事業展開
スコミ社の新型4連結車両モノレールはクアラルンプールですでに運行されており、同社は、現在、インド、ムンバイで進行中の、2016年完成予定のモノレール計画にも携わっている。

また、ブラジルでも3つの事業が進行中だ。

車両メーカのスコミ社 業務提携

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. E&CSのレンズダンパーが耐震補強で初採用

    E&CSのレンズダンパーが耐震補強で初採用

  2. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

    あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  3. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

    【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  4. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  5. 新国立競技場の事業者選定が大詰め、アスリートから意見聴取を開始

  6. サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

アクセスランキングをもっと見る

page top