マレーシアのスコミとチェコのシュコダ、鉄道車両メーカー同士で協定 画像 マレーシアのスコミとチェコのシュコダ、鉄道車両メーカー同士で協定

マネジメント

チェコの車両メーカーと協定締結
2日、マレーシアの車両メーカー、スコミ・エンジニアリング社は、チェコ共和国の車両メーカー、シュコダ・トランスポーテーション社とのパートナーシップ協定を結んだと発表した。
この協定により両社は、ライト・ラピッド・トランジット(LRT)とマス・ラピッド・トランジット(MRT)車両の開発を共同で進めていくこととなる。

世界に向け新しい製品を
スコミ・エンジニアリング社のCEO Kanesan Veluppillai氏は、この協定によりスコミ社は、より広範囲の地域のLRTとMRTに関する鉄道建設プロジェクトに参加できる機会を得ることができるとし、両社の技術、製品、サービスを融合すれば、世界に向け提供できる新しい車両を生み出していくことができるとした。

一方、ヨーロッパで大きな存在感を示す、シュコダ社は、現在、すでに中国市場への参入を果たしており、スコミ社とのパートナーシップ協定が、アセアン地域周辺各国での市場開拓への突破口となることを期待している。

スコミ社、各国で事業展開
スコミ社の新型4連結車両モノレールはクアラルンプールですでに運行されており、同社は、現在、インド、ムンバイで進行中の、2016年完成予定のモノレール計画にも携わっている。

また、ブラジルでも3つの事業が進行中だ。

車両メーカのスコミ社 業務提携

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ブラックに注目しない、次世代に残すべきホワイト企業を表彰

    ブラックに注目しない、次世代に残すべきホワイト企業を表彰

  2. 宇部三菱セメント社長に上田淳副社長昇格、4月1日就任

    宇部三菱セメント社長に上田淳副社長昇格、4月1日就任

  3. 農水省有識者会議、和食文化の継承へ4提案まとめる

    農水省有識者会議、和食文化の継承へ4提案まとめる

  4. 「中小企業の《経営論》」第1回:背中を見せたがる社長とそうでない社長

  5. 関西の産学官が年賀交歓会…「関西の発展に一丸」

  6. 茨城県の橋本昌知事、「鬼怒川緊急対策プロジェクト」に全面協力

  7. 東北整備局、福島県下郷町の雪よけ用「沼尾シェッド」点検を代行

  8. 島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

  9. ネジ・工具など間接資材で急成長!ネットストア「モノタロウ」成功の秘密

  10. 国交省・海堀安喜建設流通政策審議官「量より質」重視

アクセスランキングをもっと見る

page top